NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

vs Celtecs 1/25

投稿日:

DJ is back!デアンドレジョーダンがクリッパーズの最多出場記録を更新しました。


さて試合ですが、惨憺たるもので
上手にボールを回してオープンなスリーを決めて行くセルティックスに対して、個々のラフなオフェンスを展開するクリッパーズ。基本的にはルー頼みで、それを承知のセルティックスは素早くダブルチームなどで抑えていきます。
ルーキーが多いのは同じなはずなのに、組織化された動きとアーヴィングの個の力が合わさったセルティックスに3Qまで3点差で粘れたことの方が凄かったように思います。
こういうのを見るとドックは仕事してるのかと思ってしまいます。ケガ人が多い中でプレーオフ圏内にいるのは評価しますが、ブラッドスティーブンスとはボストンの新旧のコーチということもあって比較せずにはいられないところがあります。かたや再建中であったにもかかわらずイースタン一位に成績を向上させ、今期もロースターがほとんど変わりルーキーも多い中で今期も一位を走り続けるスティーブンスとドラフトピックとトレードでやってきて豊富なタレントがいたにもかかわらずカンファレンスファイナルすら導けず、その間若手も起用せずドラフトピックも放出して新たな希望も見せられないドック。ジェリーウェストはどのように考えているのでしょうか。
グリフィンも精神的幼さが目立ちます。終盤、上手くいかないことにフラストレーションが溜まったのか、審判に強いボールを投げつけテクニカルを取られると一言。

​▼​「てめえのクソみたいなキャッチングのせいで俺は金を払うのか?」


最後に、このチームの人気のなさにいつも嫌気がさすのは、どっちがホームチームかわからないこと。
第3Qまでせっていた両チームですが、得点した時に歓声が大きいのはセルティックスのように感じました。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

終盤13-0のランでマーベリックスに逆転勝利!

現地5日、ホームステイプルズセンターで行われたダラスマーベリックス戦は10点リードされた終盤4分23秒から13-0のスコアリングランを見せ104-101で見事勝利した。この試合でダニーロガリナリはシー …

no image

ハーデンのクラッチシュートで競り負ける。

ロケッツのホーム、トヨタセンターで行われたヒューストンロケッツとの一戦は96-101でロケッツが勝利した。 クリッパーズの集中力は高く、攻守両面で素晴らしいパフォーマンスを見せた。特にディフェンスにお …

no image

エンビード擁する若きシクサーズに惜敗

旧チームメイトのグリフィンのいるピストンズと戦ったその翌日の日本時間11日、敵地ウェルズファーゴセンターにて同じく旧チームメイトのJJレディックのいるシクサーズ戦に臨んだ。 スポンサーリンク 序盤から …

no image

VS Jazz @ Utah 1/21

前半は全く見るところなしのユタの一方的な展開へ。76失点は多すぎ。 後半はディフェンスから少し持ち直し6点差まで詰め寄るものの詰めきれず敗戦。 それにしても完全にエースLouですね。30得点10スティ …

no image

コリンズが活躍のブレイザーズに敗戦

ポートランドトレイルブレイザーズのホーム、モーダセンターで行われたロサンゼルスクリッパーズとの一戦は96-105でブレイザーズが勝利した。 第1Qは両者一歩も引かない展開であったが、第2Q途中から攻守 …