NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

2018年フリーエージェントまとめ(SF編)

投稿日:

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。

スポンサーリンク



意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricted FA、PO:player option、TO:team option
スモールフォワード
1位 ケヴィンデュラント  ウォリアーズ PO
2位 レブロンジェームズ  キャバリアーズ PO
3位 ポールジョージ    サンダー PO
4位 ジャバリパーカー   バックス RFA
5位 カーメロアンソニー  サンダー PO
6位 ロドニーフッド    キャバリアーズ RFA
7位 トレバリーアリーザ  ロケッツ UFA
8位 カイルアンダーソン  スパーズ RFA
9位 ルディゲイ      スパーズ PO
10位 ウィルソンチャンドラー ナゲッツ PO
http://hoopshype.com/2018/02/13/nba-free-agency-2018-small-forwards/
来夏のFAのまさに目玉になります。おそらくデュラントは残留すると思われるので、特に話題となっているのはレブロンジェームズとPG13です。
レイカーズはまさにこの二人を獲得するつもりであり、今回のトレードでもキャップスペースを空け準備万端です。
キャブスは敗戦が続きロッカールームの雰囲気も良くないと報道されていました。そのためレブロンもFAで移籍するかもしれないとの期待が強まっていましたが、先日のトレードで大胆にロースターを一新。新メンバーとレブロンの相性は今のところよいようで、移籍を決断するかは後半戦次第でしょう。
▼新生チームレブロン
LeBron James Full Highlights 2018.2.11 at Celtics – 24 Pts, 10 Ast,8 Reb in 3 Quarters FreeDawkins
Jordan Clarkson, Larry Nance Jr, George Hill & Rodney Hood CAVS DEBUT 2018.02.11 at Celtics!
ブレイクグリフィンを放出してキャップスペースを空けたクリッパーズは早速、レブロンの獲得を検討しているのではと報道がされていましたが、私は本命はポールジョージだと思います。
グリフィンのトレードの際も、ポールジョージとのトレードの噂があり、フロントは彼を獲得しようとしているのかもしれません。ポールジョージのホームタウンはロサンゼルスであり、レイカーズではなくクリッパーズを選ぶ可能性は充分にあるはずです。ジェリーウェストなら獲得するかもと期待せずにはいられません。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フリーエージェント市場が開幕

日本時間の今日13:00、フリーエージェントの選手との契約が解禁となり、早速、クリスポール、ケビンデュラント、ポールジョージの契約成立のニュースが流れた。 All-Star Chris Paul wi …

no image

ブラッドリーとスコットがクリッパーズと契約

デマーカスカズンズがゴールデンステートウォリアーズに移籍するというビッグニュースの中、クリッパーズとエイブリーブラッドリー、マイクスコットが契約することが決まった。 マイクスコットは昨季、ワシントンウ …

no image

バトラー、練習に復帰するもチームメイトを罵倒

またまた、面白い事件が起こっているよう。 ミネソタティンバーウルブズのジミーバトラーがトレード要求してから、初めてのチーム練習に参加した。ただ、この練習模様が大荒れだったようで、ネットで話題となってい …

モントレズハレルがレイカーズへ移籍

ドラフトも終わり、今日の日本時間8時からFA市場が開幕しました。 FA開幕初日のクリッパーズの動きは以下の通りです。 IN:マーカスモリス(再契約)、パトリックパターソン(再契約) Out:モントレズ …

no image

ロケッツのバーアムーテ、クリッパーズに移籍

FAとなっていたヒューストンロケッツのフォワードのルークバーアムーテはクリッパーズとの契約に合意したようだ。 ルークは、一昨年のシーズンまでクリッパーズに所属していたため、今回は帰還という事になる。 …