NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

2018年フリーエージェントまとめ(C編)

投稿日:

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。

スポンサーリンク



意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricted FA、PO:player option、TO:team option
センター
1位 デマーカスカズンズ ペリカンズ UFA
2位 デアンドレジョーダン クリッパーズ PO
3位 クリントカペラ ロケッツ RFA
4位 エネスカンター ニックス PO
5位 ブルックロペス レイカーズ UFA
6位 ユスフヌルキッチ ブレイザーズ RFA
7位 グレッグモンロー セルティックス UFA
8位 ドウェインデッドモン ホークス PO
9位 カイルオークイン ニックス PO
1位のカズンズはペリカンズに残るのでしょうか。怪我は残念ですが、ここも来期のFAの目玉の一つでしょう。
▼ブルズ戦で44p24r10aのモンスタースタッツ
DeMarcus Cousins HISTORIC Triple-Double 2018.01.22 vs Bulls – 44 Pts, 24 Rebs, 10 Assists!
さてデアンドレジョーダンですが、トレードデッドラインまで様々な噂は出たものの結局トレードは成立しませんでした。彼は来期プレイヤーオプションを行使して出ていってしまうのでしょうか。
Ringerの記事によると、デアンドレジョーダンはプレイヤーオプションを行使しなければ2018-2019シーズンは24mのサラリーを得られるが、来期10m以上のキャップスペースをもつチームは7チームしかなく、しかもシクサーズやホークスなど余裕のあるチームは30歳のリム回りに特化した選手に高い金は払わないだろうと伝えています。
経済的にはオプトインした方がDJにとっては得策なような気もしますが、前回のFAの際にもマブスともめたように感情に左右される選手なので、結局は彼がクリッパーズと来シーズン迎えたいと考えるかどうかなのかもしれません。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フリーエージェント市場が開幕

日本時間の今日13:00、フリーエージェントの選手との契約が解禁となり、早速、クリスポール、ケビンデュラント、ポールジョージの契約成立のニュースが流れた。 All-Star Chris Paul wi …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(PG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

no image

クリッパーズの2018年サラリーキャップ事情

今シーズン、クリッパーズはフランチャイズプレイヤーであるクリスポールとブレイクグリフィンと別れを告げ、再建モードに突入している。サラリーの大きかった両選手を放出したとはいえ、今オフに選手に支払えるサラ …

no image

バックス解雇のキルパトリックと10日間契約

クリッパーズがバックス解雇のショーンキルパトリックと10日間契約を締結中であると報じられた。 Clippers are signing guard Sean Kilpatrick to a 10-da …

クリッパーズはネッツ、ピストンズとのトレードでルークケナードを獲得

昨日のドラフトナイト、クリッパーズは例年通り動きました。早速その動きを振り返ってみましょう。 ・ピストンズ、ネッツとの3者間トレード LACの獲得:ルーク・ケナード、ジャスティン・パットン、ジェイデン …