NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

オフコート

ルーウィリアムズが3度目のシックスマンオブザイヤー

投稿日:2019年6月25日 更新日:

現地24日、シックスマンオブザイヤーが発表され、下馬評通りルーウィリアムズが選出された。
最終候補者として、チームメイトのモントレズハレルとペイサーズのドマンタスサボニスが残っていたが、圧倒的得票数で自身3度目のシックスマンオブザイヤーに選出された。シックスマンオブザイヤーに3度も選出されるのは、史上2人目で、同じくクリッパーズで活躍したジャマールクロフォード以来となる。
昨シーズンはベンチスタートながらハレルと共にオフェンスの中心となり、いくつものクラッチシュートを決め、まさにクリッパーズのエースとして活躍した。チームのスコアラーだけではなく、ベテランとしてリーダーシップを発揮しチームを引っ張っていたことは受賞のコメントからも明らかだ。


“獲得しすぎかな?(笑) 僕は特別な賛辞をチームメイトのモントレズに送りたい。この瞬間を彼と共有したい。ファイナリストになることは非常に難しいことだ。しかもチームメイトがそこにいるというのはもっとそうだ。僕は彼とこれを共有したい。僕がホームと呼べるカルチャーを作ってくれるドックとL(ローレンスフランク?)、スティーブ。彼らに感謝している。全てのチームメイト。僕がすることをリスペクトしてくれ、高いレベルで僕のやることを許してくれる。そして素晴らしいチームにしてくれる。友人やファミリー。バスケットをやりやすい環境にしてくれる。僕はそれに感謝している。ありがとう。 ”



ルーは4年前には、自分はやりきったと感じており、2017年のシーズン前にはこのシーズンが最後と家族や友人らに漏らしていたというのだから、2年連続のこの栄誉は感慨深い。
その他にはローレンスフランクがエグゼクティブオブザイヤーの3位、ドックリバースがコーチオブザイヤーの2位につけた。
▼選ばれなかった時のドックの顔


いや、流石に今年は無理でしょう。。
▼ルーのオフェンスハイライト
Lou Williams BEST Offense Highlights from 2018-19 NBA Season! 6th Man of the Year







-オフコート

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ジミーバトラーがオールスターに出場しなかった理由

日本時間19日に行われたオールスター戦にジミーバトラーはチームカリーに選出されていたにもかかわらず、出場しなかった。 SIの記事 によるとジミーバトラーはこのように回答している。 “休養だよ。休養を取 …

no image

ドックリバース、チームを誇りに思う

6シーズンぶりにプレイオフに出場出来ないことが決まったデンバーナゲッツ戦後のドックリバースのインタビューが印象的だったので紹介したい。 Doc Rivers Postgame vs Denver Nu …

no image

クリッパーズ、レナードを批判したコメンテーターを首に

ロサンゼルスクリッパーズのTVアナリストのブルース・ボーエンは来季、契約を更新されないようだ。 The 2019 free agency chase is underway: In aftermath …

ルーウィリアムズ、ストリップクラブに行き10日間の隔離

祖父の葬儀に参加するために、バブルを離れていたルーウィリアムズでしたが、その後、アトランタの有名なストリップクラブ“Magic City”でディナーをしていたことがわかりました。 ラッパーのJack …

no image

バトラーがルーウィリアムズに1on1勝負を持ちかける。

面白いニュースが飛び込んできた。 http://bleacherreport.com/articles/2761195-jimmy-butler-proposes-to-play-lou-willia …