NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2019-2020シーズン

モントレズハレル、シックスマンオブザイヤーを獲得

投稿日:

クリッパーズのモントレズハレルが今年のシックスマンオブザイヤーを獲得しました。ルーウィリアムズとサンダーのデニスシュローダーが候補として挙がっていましたが、シュローダーとの僅差を制し最終的にはハレルが選出されています。

スポンサーリンク




▼ハレルにはサプライズ発表

ハレルが受賞したことの発表はチームのミーティング途中にサプライズとして発表されたようです。

ベンチユニットでいつもコンビを組んでいるルーウィリアムズは、シックスマンオブザイヤーを共同受賞したいと言っていましたが、そのルーからトロフィーが渡されて抱き合うシーンは感動的です。

ハレルはスピーチで

“今年は祖母を亡くし、まだタフな日々を過ごしている。これはとんでもない名誉だ。みんなありがとう。特にコーチ。ここに来てから、僕にチャンスを与えてくれた。みんなと一緒に育っていった。特にパット(ビバリー)とルー。このリーグに来て以来みんなに囲まれてきた。これは本当にみんなのおかげだ。ありがとうと言いたい。とても名誉なことです。”

と語っています。

ハレルはロケッツに32位で指名された後、クリスポールとの大型トレードの一部としてルーやビバリーと一緒にクリッパーズにやってきました。当時はディフェンス面で泥臭い仕事をこなす選手という程度の評価で、一緒に来たサムデッカーの方が評価が高かったですが、クリッパーズに来て以来、オフェンス面で開花し、毎年順調に成長していきました。

シーズン平均得点平均リバウンド
2015-163.61.7
2016-179.13.8
2017-1811.04.0
2018-1916.66.5
2019-2018.67.1

・過去7年間のシックマンオブザイヤーは全てクリッパーズ関係者

過去7年間のシックマスマンオブザイヤーの受賞者はジャマールクロフォードが2回、ルーウィリアムズがトロント時代の1回を含む3回、エリックゴードンがヒューストンで1回、そして今回のモントレズハレルになります。

エリックゴードンは元クリッパーズですから、過去7年で純粋にクッリパーズの選手として受賞したのが5回、クリッパーズにゆかりのある選手が2回と総なめの状況となっています。来年以降もこれは続くでしょうか?







-2019-2020シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ついにサンズは日の出の時代となるのか

クリッパーズは昨季19勝しかしていないサンズと対戦し、122ー130で敗北を喫しました。 この日のサンズは ・前日ナゲッツとオーバータイムの激闘 ・激闘の末、ルビオが負傷欠場 ・昨季1位指名のエイトン …

no image

プレシーズン第2戦、上海シャークスに快勝

キャンプ地、ハワイにおけるプレシーズン第2戦、元NBAプレイヤー、モティユナスを擁する上海シャークスに87−127で快勝しました。 モティユナスはロケッツからペリカンズに2017年に移籍後、同年に活動 …

クリッパーズ、コロナ陽性で練習施設を閉鎖

リーグが再開されるフロリダに向かう予定であったクリッパーズのメンバーで、コロナウィルスの検査で陽性反応が出たとのことです。これを受けて、チームは練習施設を閉鎖しました。 After a positiv …

ブッカーのブザービーターでサンズがクリッパーズを下し、バブル内負けなしの3連勝

ロサンゼルスクリッパーズはシーズン再開3戦目、サンズと対戦し、中盤以降はサンズにリードを許す展開でしたが、終盤はレナードの連続得点でワンポゼッション差にもつれ込む展開としました。しかし、最後はサンズの …

no image

クリッパーズの2019年オフシーズン展望

クリッパーズは今シーズン、大方の予想を裏切りプレイオフに進出しました。プレイオフでもウォリアーズを相手にあわやというところまで善戦しました。 さらに来シーズンに向けて、大きくキャップスペースが空くよう …