NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

ブラッドリーとスコットがクリッパーズと契約

投稿日:

デマーカスカズンズがゴールデンステートウォリアーズに移籍するというビッグニュースの中、クリッパーズとエイブリーブラッドリー、マイクスコットが契約することが決まった。



マイクスコットは昨季、ワシントンウィザーズに所属し、平均8.8得点、3p%40.5のいわゆるストレッチ4だ。期間は1年で金額は明らかになっていない。クリッパーズは同じくアンソニートリバーを狙っていたようだが、ティンバーウルブズと契約してしまったため、スコットに切り替えたものと思われる。ガリナリの怪我体質も考えれば、このポジションは層が薄かったため、理想的な補強と言えるだろう。
▼マイクスコットのプレイオフキャリアハイ
Mike Scott 20 Points Full Highlights (4/17/2018)
エイブリーブラッドリーは2年25mの契約で、クリッパーズとは再契約となる。ブラッドリーは貴重なペリメーターディフェンダーとして複数のチームが興味があると見られていたが、クリッパーズにそのまま戻る事になった。今夏は各チーム、キャップスペースがなく、提示できるのは8m程度ではないかと見られていたため、条件面で有利に立ったのかもしれない。
▼ウォリアーズ戦ハイライト。クラッチディフェンス
Avery Bradley Full Highlights 2017.10.29 at Warriors – 23 Pts, 3 Stls, CLUTCH D!
これで、あとはモントレズハレルと契約出来れば、健康が前提だが、昨季の戦力は維持できていると言えるだろう。しかし、レブロンジェームズが昨日レイカーズに移籍し、ウェスタンに人材が昨年に増して集まっている。また、昨季プレイオフ進出を逃した他のウェスタンのチームも順調に戦力アップしている。
クリッパーズのロースターはこれでハレルを入れて17人。15人のロースターを超えるのでトレードかウェイブが必須である。これはクワイレナード獲得への序曲だろうか。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エイブリーブラッドリーの移籍先候補

クリッパーズのガードでシーズン中盤にグリフィンとのトレードでピストンズからやってきたエイブリーブラッドリーは、今夏無制限のフリーエージェントとなる。HOOPS HYPEの記事は、今夏キャップルームに余 …

クリッパーズはネッツ、ピストンズとのトレードでルークケナードを獲得

昨日のドラフトナイト、クリッパーズは例年通り動きました。早速その動きを振り返ってみましょう。 ・ピストンズ、ネッツとの3者間トレード LACの獲得:ルーク・ケナード、ジャスティン・パットン、ジェイデン …

クリッパーズの新ヘッドコーチはティロンルーに決定。その効果は!?

プレイオフでナゲッツに歴史的逆転負けを喫したクリッパーズはドックリバースと袂を分かち、新しいヘッドコーチを探していましたが、ついにティロンルーに決定したようです。 Ty Lue is finalizi …

no image

タイロンウォレス、ペリカンズのオファーに合意

今夏、制限付きフリーエージェントとなっていたタイロン・ウォレスがニューオリンズペリカンズのオファーシートに合意したようだ。 Sources: Clippers restricted free agen …

no image

クワイレナード、スパーズと決別か

サンアントニオスパーズに所属する元ファイナルMVPのクワイレナードは、かねてよりトレードの噂が出ていたが、今回レナードがチームを離れたがっているとの報道がされている。 Kawhi Leonard wa …