NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

ハーデンのクラッチシュートで競り負ける。

投稿日:

ロケッツのホーム、トヨタセンターで行われたヒューストンロケッツとの一戦は96-101でロケッツが勝利した。
クリッパーズの集中力は高く、攻守両面で素晴らしいパフォーマンスを見せた。特にディフェンスにおいてはリーグトップのオフェンスチームに対してFG%を38.9%、3p%を29.3%に抑え、第4Q終盤までシーソーゲームを繰り広げる。しかし、残り52秒でオースティンリバースのレイアップで2点差とした後、ヒューストンのポゼッション、ハーデンがステップバックジャンプショットを残り29秒で決め万事休す。


最後のポゼッション、ガードしていたオースティンに対して、ハーデンは「彼は成長してない。I like him.I like him!」とシュート後叫んでいるとのこと。



・ルーウィリアムズの不調
ルーウィリアムズの第4Qの平均スコアはリーグトップとのことだが、今日は0/5の無得点に終わった。最終的な勝敗はこのエースの差であったとも言えるかもしれない。ただ気になるのは、試合を通してもFG%6/18の33.3%で3p%も0/2の0%、FT%も2/3の66.7%となっていて、データはとっていないが、2月以降、明らかにすべての確率が落ちている印象。
・伏兵エリックゴードンのロングレンジ
ハーデンがチームトップの24得点を記録し、クラッチショットも決め文字通りロケッツを勝利に導いたが、エリックゴードンのロングレンジショットもクリッパーズを苦しめた。今日のゴードンはシュートタッチがよく、3pラインのかなり後ろからシュートを多く打ったが、見事にゴールに吸い込まれていった。FG%8/13の61.5%、3p%は驚異の7/9の77.8%であった。
▼エリックゴードンのハイライト
Eric Gordon 23 Points in Houston Rockets vs. Los Angeles Clippers
・現在のプレイオフ戦線の状況
今日はペリカンズが同じく負けたが、スパーズ、ブレイザーズ、ナゲッツが勝ったためクリッパーズはプレイオフ圏外の9位に転落している。
そして、明日はバックトゥバックでサンダー戦と負けられない戦いが続く。
なお、ピストンズは絶不調で今日もナゲッツに敗戦し、逆にホーネッツは勝利した。これで勝率はホーネッツ30-39、ピストンズ30-38と接戦となっている。
最後にクリッパーズのスタッツとハイライト、そしてジェームズハーデンのハイライトを。


James Harden 24 Points in Houston Rockets vs. Los Angeles Clippers







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クリッパーズがサンズに圧勝

本日トーキングスティックリゾートアリーナで行われたサンズ戦はバックトゥバックにもかかわらず、クリッパーズが128-117で勝利した。 第1Qにいきなり19-0のランを決めると、そこからさらにリードを広 …

no image

ウェストブルックが101回目のトリプルダブル

サンダーのホーム、チェサピークエナジーアリーナで行われたサンダーとクリッパーズの一戦は113-121でサンダーが勝利した。 ・ビッグスリーを抑える好ディフェンス ラッセルウェストブルックは16得点10 …

no image

ジェームズハーデンに弄ばれるW.ジョンソン

本日ステイプルズセンターで行われたヒューストンロケッツとの1戦は92-105でロケッツが勝利した。 今日のロケッツはディフェンスが機能しクリッパーズのオフェンスを封殺することに成功した。ロケッツは第1 …

no image

ピストンズのグリフィンが古巣と激突

日本時間10日9:00,グリフィンがトレードされてから初のクリッパーズvsピストンズが実現した。 今回のトレードで今後のチーム運営について大きく舵をきった両チーム。まさにこのトレードの正否を占うとも言 …

no image

グリフィン値千金のスリーでペリカンズに勝利!

現地28日に敵地スムージーキングセンターにて行われたニューオリンズペリカンズとの対戦は112対103でクリッパーズが勝利しました。 前半は直近の試合内容を引きづるような不安定なディフェンスとターンオー …