NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

ドックリバース、クリッパーズと複数年契約か

投稿日:

クリッパーズのヘッドコーチコーチ、ドックリバースは5年契約の最終年を残し、その去就が話題となっているが、Los Angels Timesは、公式にアナウンスされていないが、すべて要素がリバースとの複数年契約を指し示しているとしている。



また、これが実現すればそれはスマートな選択だとしている。記事では5年前のドナルドスターリングオーナーの差別発言の危機の時よりも、今のポストロブシティの基礎固めに際して、より良いコーチとなるとしている。
“クリスポールとブレイクグリフィンがいなくなり、仮にデアンドレジョーダンが出ていったとしても、ドックリバースがチームの顔で居続けられ、それは素晴らしいことだ。彼のがらがら声と巨大な存在感はスティーブパルマーの期待するチームの再建に寄与するだろう。
今夏のフリーエージェントのポールジョージとレブロンジェームズに興味を持たせられるのはリバースのスタイルだろうし、2つのロッタリー指名権を育てられるのもリバースだ。そして、2019年にキャップスペースを利用してフリーエージェントのクレイトンプソンやジミーバトラー、トレードされてなければクワイレナードを率いることができる。”
“実際、ドックリバースのコーチとしてのパフォーマンスはアメイジングだった。42勝は最も少ない数だが最も大きいインパクトを残した。チームはひどい怪我に悩ませられたにもかかわらずプレイオフレースから最後まで離脱しなかった。”

以前紹介した記事でポールピアースが指摘しているように、ドックは他チームのプレイヤーから人気がある。FAでの選手獲得の要素となるかもしれない。また、今季今までとは嘘のように新しい選手を使い続け、モントレズハレルやタイロンウォレス、CJウィリアムズなどを見事に戦力とした。もう少しドックを信じてみるのも一つかもしれない。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリッパーズ、マーカスモリスをトレードで獲得

やはり今年もトレードの最終期限であるトレードデッドラインにクリッパーズは動いてきました。 例年に比べれば、大きな動きではなかったですが(去年、一昨年が大きすぎた?)今年もしっかり補強してきました。 ク …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(PG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

ドックリバース、ヘッドコーチ辞任でチームを離れる

カンファレンスセミファイナル3勝1敗からの悪夢の大敗から2週間、必然といえばその通りですが、ドックリバースHCの辞任が決まりました。 報道によればクビではなく、スティーブバルマーオーナーとの話し合いの …

no image

トバイアスハリス、契約延長の提案を断る

クリッパーズのフォワード、トバイアスハリスはクリッパーズから4年(おそらく)80mの契約延長を打診されたが、断ったとのことだ。 Clippers forward @tobias31 turns dow …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(SG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …