NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2018-2019シーズン

トバイアスハリスの22得点でウィザーズに大勝

投稿日:

ホームに戻って来たクリッパーズはワシントンウィザーズと対戦した。試合は終始クリッパーズペースで進み、最大32点差をつける大量リードでロケッツ戦に続く大勝となった。



・9人が二桁得点に成功
トバイアスハリスのゲームハイの22得点を筆頭にクリッパーズのメンバー9人が2桁得点を記録した。
今までオフェンスの貢献は高くなかったエイブリーブラッドリーもこの日は第1QにFG4/8を決めるスタートダッシュに成功し、最終的にはFG6/12の15得点であった。ビバリーも全体的にシュートタッチはいいとは言えないが、追いつかれそうな場面で立て続けにスリーポイントを決め、相手の流れを引き戻した。
▼トバイアスハリスは既に3度目のダブルダブル
Tobias Harris Full Highlights Clippers vs Wizards 2018.10.28 – 22 Pts, 11 Rebounds!
ルーキーのシェイギルジャスアレクサンダーも相変わらず好調で、10得点7アシスト8リバウンド2スティールで+-はまたもゲームハイの+24となっている。トリプルダブルを記録するのも近そうだ。ちなみにトリプルダブルの最年少記録はシクサーズのマーケルフルツで19歳と317日。クリッパーズのフランチャイズ記録もラマーオドムの20歳と65日なので記録更新とはいかない(シェイは20歳で誕生日は7/12のため)のは残念なところ。
▼第1Qにハーフコートブザービーターを決めるSGA


・オースティンリバースは存在感を発揮せず
今オフ、マーチンゴータットとのトレードでウィザーズに移籍したオースティンリバース。クリッパーズにいた時からムラっ気の強いオースティンなので、元チームとの対戦という事でかなり奮起するかもと予想していたが、結果的には22分出場して9得点3アシスト2ターンオーバーとパッとしなかった。そもそもジョンウォールとブラッドリービール以外ウィザーズで特筆する事はなく、アシストも2人合わせてウォールの5本、チーム全体で18本と少なくあまり周りと連携が上手くいっているように思えない。ドワイトハワードが怪我から復帰したからといって、多少マシになるかもしれないが、大きく好転するようにも思えない。
次戦はアウェイでオクラホマシティサンダー戦。今季絶不調のサンダーだが、前回と違ってウェストブルックが出場するが、逆にアダムスが欠場かもしれないと報道されている。その場合、またハレルの活躍が見ものな展開になりそうだ。







-2018-2019シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プレシーズン2戦目、ティンバーウルブズに大勝

クリッパーズのホーム、ステイプルズセンターでの今季最初の一戦となったミネソタティンバーウルブズ戦はクリッパーズが128-101で勝利した。 第1Q終盤から第2Q中盤にかけて追いつかれる場面もあったが、 …

no image

デイビスを止められず、ペリカンズに敗戦

クリッパーズにとって今季初のロードゲームとなったニューオリンズペリカンズ戦。 ロケッツ戦と変わらぬ一進一退の攻防の好ゲームであったが、第3Qにやや離され、第4Qはそのままペリカンズの逃げ切りを許し、1 …

no image

クリッパーズの2018-2019シーズン総括

長かったシーズンもついに終わってしまいました。 クリッパーズのメディアルームには、開幕前は15人ほどのメディア関係者だったにもかかわらず、シーズン終了後には部屋がいっぱいになる程関係者で埋まったそうで …

no image

トバイアスハリスのキャリアハイで単独首位

これは現実だろうか。もちろんシーズンはまだまだ序盤で、しかも混戦状態というのは理解している。しかし、クリッパーズはこの日、ポートランドトレイルブレイザーズをアウェイで下し、タイブレークルールなど使わず …

no image

SGAが21得点の活躍でキングスに勝利

サマーリーグ第2戦のサクラメントキングス戦が行われ、ロサンゼルスクリッパーズは88-78で勝利した。 キングス注目の2位指名のマービンバグリーは怪我のため出場していない。 クリッパーズのルーキー、シェ …