NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

元クリッパーズ

グリフィンとレディック、あの時なぜ優勝できなかったかを語る

投稿日:

クリッパーズは、長年、ドアマットチームとして認知されていましたが、2009年のドラフトでブレイクグリフィンが加入してから、その歴史が動き出します。

2011年にクリスポールが加わると、前年の32勝50敗から、一気に40勝26敗と勝率を6割にのせプレイオフに進出。更に2013年には、JJレディックを獲得し、2013-2014シーズンは57勝25敗を記録し、カンファレンス3位でプレーオフに入りました。これは今でも破られていないフランチャイズ最高勝率です。

しかし、 2013-2014シーズン のプレイオフではファーストランドでゴールデンステイトウォリアーズをGame7で破るも、次戦のオクラホマシティサンダーに敗れてしまいます。

そして、 2014-2015シーズンのプレイオフでは、ファーストラウンドで前年王者のスパーズを、クリスポールの伝説的なクラッチショットで破ります。次のヒューストンロケッツも3勝1敗と決定的にリードするも、そこからまさかの3連敗でカンファレンスファイナルの進出を逃します。

▼クリスポールの伝説のクラッチショット

ここまでクリッパーズ戦でステイプルズセンターが盛り上がったことはないんじゃないか…。

以降2015-16年、2016-17年のシーズンはプレイオフに進むも1回戦敗退。そして、2017年のシーズン前にレディックとポールはチームを離れ、グリフィンもシーズン途中にトレードで放出となり、所謂、ロブシティ時代は終了しました。

今では想像がつかないかもしれませんが、クリスポール、デアンドレジョーダン、ブレイクグリフィンのコアが全盛期で、クリスポールはもちろんのこと、デアンドレジョーダンもNBAファーストチームやAllDefensiveファーストチームに選ばれ、6マン賞のクロフォードもおり、優勝しても全くおかしくないような陣容でした。特に、2015年のプレイオフでは前年王者のスパーズを破っていて、もっともファンが優勝を期待したシーズンだったといっても過言ではありません。

未だに、あの時に優勝していればと思うファンは多いはずですが、このクリッパーズ時代について、グリフィンをゲストに迎え、レディックのポッドキャストで対談が行われており、ファンには必見だと思いますのでここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク




レディック

僕たちのクリッパーズチームは勝てるだけの実力があったと思いますか?
何かを無駄にしてしまったような……私たちは皆、もしかしたら勝てたかもしれないという妄想を抱いているのかな?

グリフィン

いやいや、僕らには最高のチャンスがあったと思うよ。2014年のプレーオフにはチャンスがあったと思うし、申し訳ないけど14年と15年のプレーオフにもチャンスがあったんだ。

レディック

あの2年は最高の年だったと思っている。ステフとウォリアーズは超新星のような状態になり、16年には73勝9敗を記録し、その後ケビンが加入した。少し触れておきたいんだが、僕がいた最後の年の17年には、君と一緒にいた6年目になると思う。ジャマール(クロフォード)はそのうちの5年間。そのうちジャマールは5年、クリスとブレイクは6年一緒にいた。ジャマールと私は以前にも公言したことがありますが、いくつかの情けなさがあって、それが私たちを分裂させてしまった。 マット(バーンズ)は精神的な強さについて言及しましたが、ドク(リバース)は運について少し言及した。 運については後で触れたいと思うけど、何が私たちにチャンスを無駄にさせたのだと思うかい?

グリフィン

14年と15年は……すみません。15年は完全に精神的に参ってしまっていた。
特にあの年や、その前の年にオクラホマシティに負けた時は、情けなさが原因でプレーオフで負けたとは思わない。 その次のシーズンは、ほとんど怪我をしていて、ポートランドに負けてしまった。

レディック

君とクリスが第1ラウンドで負傷したのは運でした。
この最初の2年間は、私もまったく同感で、15年間のキャリアの中で、最も好きなグループとまではいかなくても、好きなグループの2つでした。16年にはそれが少し感じられました。17年はシーズン序盤。13年と2年間、その後は下り坂だったね。

グリフィン

ええ、そうだね。この2年間は、本当に勝てた年だったと思う。その前は準備ができていなかったし、適切なチームではなかったと思う。それは、4番がいなかったから。 ええ、JJを獲得して、最後のインフィニティストーンを取ってからだよ。僕は、公には考えられていませんが、このことを人に言ってきた。いつもクリッパーズについて聞かれたときには、ただ言ってきた。私は、キャンプでみんなが言うほど悪くはなかったと思っている。多分、最後の方になってくると、他のことが起こってくるのかもしれませんが、特にそれが原因で優勝できなかったわけではない。そのあとの2年間は、君が言ったように、ウォリアーズとレブロンが一進一退を繰り返していて、あれはクレイジーだった。

レディック

17年は十分ないいチームではなかった。16年は2時間半ほどの非常にわずかな窓が開いていた。
第4戦の前、ポートランドでステフが膝を捻挫したんだけど、後半には君が大腿四頭筋の腱を切って、CPが手を骨折して、ウェスト優勝への小さな窓がなくなってしまったんだよね。14年と15年は、絶対に、そして私が思うに、ある種の情けなさを表現しているのだと思います。私は、4年目のことをもっと考えていた。14年と15年のプレーオフでは、いくつかのことが起こりました。14年のファーストラウンド…ゴールデンステートとのシリーズで経験したことや、スターリングの問題(※前オーナーのスターリングの差別発言による問題)に対処しなければならなかったことを考えると、ショックなことだ。

グリフィン

そうだね。第5戦のオクラホマシティでの試合では、リードしていたにもかかわらず、そのリードを失ってしまった。僕が正したいのは、情けなさではなくて、あの試合でとても落ち込んでしまって、ホームに帰って1勝するために自分を立て直すことができなかったということなんだ。ホームに戻ってきて1勝し、第7戦に持ち込むことができなかった。

レディック

ホームでの第6戦では、OKCとの第2クォーターで19点差をつけられ、ケビン・デュラントが爆発していた。彼の第2クォーターでのランに対応できなかった。それによって試合は距離をあけられ、後半はうまくいかずにシーズンが終わってしまった。

MC

ヒューストンでのシリーズのような失点が続くと、「またか」と思う部分もあるのではないでしょうか。

グリフィン

NO。

レディック

NO。第6戦のことを言うと、僕はいまだにあの時のことを思い出します。その時は、あのチームが優勝すると確信していた。ジョシュ・スミスがステップバック・スリーを打ち、ブルワーズがスリーを打っていて何が起こっているんだという感じさ。僕たちはまだ彼らよりも優れていて、僕たちはまだこのゲームに勝つことができるだろう。ゲームには勝てなくて、第7戦に突入して、覚えているかどうかわからないけど、第7戦のヒューストン戦の後半にタイムアウトから出てきたときに、こんなに疲れたことはないと言ったよ。あれはスパーズとのファーストラウンドからの蓄積だね。

グリフィン

また、ヒューストン・シリーズの最初の2試合は、CPなしでプレーしなければならなかった。彼をフロアから外すと、全員の仕事量が飛躍的に増えることになる。彼は多くのことをしてくれるからね。彼は我々のために多くのことをしてくれた。少なくとも僕にとっては、それも一因だと思う。最初の2試合は疲れましたが、必要に迫られて、1勝できました。でも、スパーズとの7戦、あのスパーズのシリーズは、精神的にもかなり追い込まれていたので、今までになかったと思います。

レディック

私はプレーオフの試合を何度も戦ってきました。優勝したことはないけどファイナルに入ったことはある。だけど、あのシリーズだけは、勝った後に叫んでしまった。あのシリーズで叫んだのは、彼らがディフェンディングチャンピオンで、私たちが彼らのベストを尽くしたから。私たちの方が優れたチームだったけど、彼らのベストショットを奪ったような気がするよ。

いかがだったでしょうか。色々あったかもしれないけど、やはり2014年、15年のときにはお互いを信頼した非常にいいチームだったんだと思わされます。次はクリスポールにも話を聞いてもらいたいですね。







-元クリッパーズ

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クリスポール自身初のCF出場へ

ヒューストンロケッツ3勝1敗で迎えたユタジャズとカンファレンスセミファイナル第5戦は112-102でロケッツが勝利し、カンファレンスファイナル進出が決定した。 ロケッツのカンファレンスファイナル出場は …

no image

クリスポール「移籍した理由はドックリバース」

クリスポールは今シーズン開幕前にロサンゼルスクリッパーズからヒューストンロケッツに移籍したが、その移籍の理由の一つはドックリバース ヘッドコーチにあったとREAL GMが伝えている。 記事によれば、ク …

no image

ジョーダン、グリフィンの元カノとデート

今日行われたダラスマーベリックスとミネソタティンバーウルブズの一戦は終盤まで勝敗が縺れる接戦で、マーベリックスが辛くも勝利した。 その勝利に大きく貢献したのは、今季クリッパーズから移籍したデアンドレジ …

no image

ブレイクグリフィンがピストンズに合わない理由

トレードデッドラインにブレイクグリフィンがデトロイトピストンズに移籍して以降、ピストンズは最初の4試合に勝利したものの、その後は15試合中12試合に敗北するという絶不調に陥っている。この理由についてS …

no image

グレンデイビスが暴行容疑で指名手配

セルティックス、マジック、クリッパーズで活躍した“ビッグベイビー”ことグレンデイビスが4月9日のハリウッド西部のナイトクラブで起きた暴行事件の容疑者として指名手配されたとのこと。 記事によれば、被害者 …