NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

クワイレナード、スパーズと決別か

投稿日:

サンアントニオスパーズに所属する元ファイナルMVPのクワイレナードは、かねてよりトレードの噂が出ていたが、今回レナードがチームを離れたがっているとの報道がされている。


この報道を受けて、多くのチームが獲得に興味を示しているとされているが、ロサンゼルスクリッパーズも積極的に獲得に動くとされている。レナード自身もホームタウンがロサンゼルスということもあって、ロサンゼルスのチーム行きを希望しているという。





問題は獲得に対する見返りだろう。サンアントニオスパーズは元ファイナルMVPの放出に際して相応の見返りを要求すると見られ、クリッパーズとしては来週のドラフト指名権2つとトバイアスハリスのパッケージを放出する必要があるとの見方が出ている。個人的にはトバイアスハリスをクワイレナードにアップグレードしたからといって優勝出来るとは思えないし、獲得しても1年でFAとなりチームを離れるリスクもあり、このようなトレード案は見送って欲しい。
・ボストンセルティックスのフロントの狡猾さ
レナードの獲得には、クリッパーズの他にレイカーズ、キングス、セルティックスなどが獲得に興味を示しているとされているが、ボストンセルティックスの保有アセットは非常に潤沢だ。


セルティックスは先シーズン、カンファレンスファイナルに進出するチームを構築しつつも、2019年のドラフト1巡目指名権について自身の指名権の他に、クリッパーズ、キングス、グリズリーズの指名権を保有しており、更にジェイレンブラウン、テリーロジアーなど優秀なヤングアセットを持ち、トレードの材料とすることができる。
ダニーエインジGMの手腕は素晴らしい。
もしレナードがセルティックスに移籍すれば、アルホーフォード、ジェイソンテイタム、クワイレナード、ゴードンヘイワード、カイリーアービングのラインナップも可能となり、驚異的なチームとなるだろう。イーストにこのようにスーパーチームが生まれれば、キャップスペースの関係で戦力補強できないキャバリアーズからレブロンジェームズが今夏、移籍したいと考える可能性はより大きくなるかもしれない。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

デアンドレジョーダンの移籍先候補

デアンドレジョーダンは今夏プレイヤーオプションを行使すれば、フリーエージェントとなることができる。 ジョーダンは今季、クリスポールを失ったにも関わらず、12.0得点15.2リバウンド(リーグ2位)1. …

no image

クリッパーズ、C.J.ウィリアムズを解雇

クリッパーズは昨シーズン終盤にツーウェイ契約から通常のロースター契約に移行していたC.J.ウィリアムズをウェイブしたと発表した。 The team has waived C.J. Williams. …

no image

ポールジョージの移籍先候補

シーズン開幕前、ポールジョージとカーメロアンソニーを獲得する大型補強を行ったオクラホマシティサンダーであったが、今日ユタジャズに敗れファーストラウンドでのプレイオフ敗退が決まった。レギュラーシーズンも …

no image

タイロンウォレス、ペリカンズのオファーに合意

今夏、制限付きフリーエージェントとなっていたタイロン・ウォレスがニューオリンズペリカンズのオファーシートに合意したようだ。 Sources: Clippers restricted free agen …

クリッパーズ、レジージャクソンと再契約。一方ノアはウェイブ、引退へ

クリッパーズは、昨シーズン途中から加入したレジージャクソンとベテランズミニマム契約で再契約しました。 ジャクソンはプレイオフでディフェンス面で狙われ、途中からローテーションから外れてしまい今季再契約す …