NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

クリッパーズがサージ・イバカを獲得し、ハレルの損失を埋め合わせ

投稿日:

FA市場解禁2日目、クリッパーズはラプターズから無制限FAになっていたサージイバカを2年19milionで獲得しました。MLE枠なので当たり前ですが、昨日レイカーズに移籍したモントレズハレルと同じ契約金額です。

イバカは7フッターでリムプロテクションに定評がありながら、スリーポイントも打てる現代的なストレッチ5です。下がイバカのショットチャートですが非常に幅広いレンジから高確率でシュートを決めていることがわかります。

次にイバカのスタッツとFAで出て行ったハレルとグリーンを比較してみましょう。

MinPts3P%RebAst
Ibaka27.015.438.58.21.4
Harrell27.818.607.11.7
Green20.76.838.76.20.8

得点面ではハレルが18.6得点と優位性がありますが、イバカはその分スリーポイントシュートがあり、丁度ハレルとグリーンのいいとこどりしたようなスタッツになっています。彼らには出ていかれてしまいましたが、その傷はイバカの加入によって癒えそうです。

スポンサーリンク




・イバカ加入後のローテーションは?

イバカの加入により、ほぼキャップスペースは埋まり残りはミニマム契約等で埋めていく段階に入っています。そこで現在のロースターを確認してみましょう。

C :ズバッツイバカ、ノア、パットン

PF :モリス、パターソン、オツル、カベンゲリ

SF :レナード、コフィ*

SG :ジョージケナード、スクラブ*

PG :ビバリーウィリアムズ、マン

*は2way契約でノアとパットンは無保証なのでおそらくロースターに残らないと考えると、現在のロースターは12人です。

そして、太字が現時点でプレイオフになってもローテーションを守り切れると思われるメンバーです。8人なのでやはりファイナルまで進むことを考えれば心もとないです。

もちろん、若手のマン、コフィ、カベンゲリ、オツルの内、だれか一人でもステップアップすることが望まれるところですが、やはりあと一人はプレイオフで読める人材が欲しいところです。

残りのFAでBAE、ベテラン枠でそこを埋められそうなのは、トーリークレッグ、ダレンコリソン、オースティンリバース、ニコラスバトゥーム、レジージャクソンあたりでしょうか。フロントがどのように動くのか、最後まで目がはなせません。

個人的にはオースティンリバース、ソーンウェル、エバンスの復帰で旧クリッパーズ再結成があればムネアツですけどね。絶対ないですが…。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ブラッドリーとスコットがクリッパーズと契約

デマーカスカズンズがゴールデンステートウォリアーズに移籍するというビッグニュースの中、クリッパーズとエイブリーブラッドリー、マイクスコットが契約することが決まった。 マイクスコットは昨季、ワシントンウ …

モントレズハレルがレイカーズへ移籍

ドラフトも終わり、今日の日本時間8時からFA市場が開幕しました。 FA開幕初日のクリッパーズの動きは以下の通りです。 IN:マーカスモリス(再契約)、パトリックパターソン(再契約) Out:モントレズ …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(SF編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

no image

デアンドレジョーダン、ロケッツ移籍を検討か

ロサンゼルスクリッパーズのセンター、デアンドレジョーダンは今夏プレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントとなることができ、その去就が注目されている。 USA TODAYによれば、ジョーダンはヒュ …

クリッパーズ、マーカスモリスをトレードで獲得

やはり今年もトレードの最終期限であるトレードデッドラインにクリッパーズは動いてきました。 例年に比べれば、大きな動きではなかったですが(去年、一昨年が大きすぎた?)今年もしっかり補強してきました。 ク …