NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

クリッパーズ、レジージャクソンと再契約。一方ノアはウェイブ、引退へ

投稿日:

クリッパーズは、昨シーズン途中から加入したレジージャクソンとベテランズミニマム契約で再契約しました。

ジャクソンはプレイオフでディフェンス面で狙われ、途中からローテーションから外れてしまい今季再契約するのかどうか不透明でしたが、クリッパーズフロントは彼は戦力になると判断したようです。

私もこの再契約はポジティブにとらえています。確かにディフェンス面では穴となっていましたが、オフェンス面ではレギュラーシーズン平均得点9.5得点、3.2アシスト、3P%41.3%でこの数字は36分換算にすると16.0得点、5.4アシストまで上がり、立派な数字です。更にプレイオフには3P%53.1%まで上がり、ベテランズミニマムとしては十分すぎる選手といえるでしょう。

ディフェンス面での穴も、ゲーム終盤にエースドンチッチのマークにつけるなどドックの謎采配があったことも一因だと思っているので、プレイオフでも起用を間違えなければ、一定のローテーションの役割はできそうです。

唯一の懸念はテランスマンのプレイタイムを奪ってしまう可能性が高いところでしょうかね。

スポンサーリンク




・ノアはウェイブ、そして引退へ

ジャクソンとの契約でいよいよキャップシートを空けるためヨアキムノアがウェイブされました。報道によれば引退する予定とのことです。

再起をかけて、バブル内での試合からクリッパーズに加わったノアですが、レギュラーシーズンはプレイタイムは得られたものの、プレイオフでは完全に戦力外となっていました。

ローズと共にブルズの一時代を築いたスーパーディフェンダーですが、ここ数年は怪我により満足なパフォーマンスは出せていませんでした。しかし、いざ引退してしまうと寂しい限りです。

・ロースター残る1枠の争い!

クリッパーズはその他、キャンプ契約を結んだ4選手を公表しました。

クリッパーズのロースターはジャクソンとの契約で14名まで埋まりましたから契約できるのは、残り1名となります。その激しい争いを勝ち上がるのは誰なのか。そして、未来のフレッドバンブリート、ダンカンロビンソンはいるのか温かい目で見守りたいです。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリッパーズがサージ・イバカを獲得し、ハレルの損失を埋め合わせ

FA市場解禁2日目、クリッパーズはラプターズから無制限FAになっていたサージイバカを2年19milionで獲得しました。MLE枠なので当たり前ですが、昨日レイカーズに移籍したモントレズハレルと同じ契約 …

no image

デアンドレジョーダン、ウォリアーズに移籍か

ロサンゼルスクリッパーズのセンター、デアンドレジョーダン(DJ)はプレイヤーオプションを破棄しフリーエージェントとなった。 クリッパーズは既にオースティンリバースとのトレードでワシントンウィザーズから …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(C編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

no image

ドックリバース、クリッパーズと複数年契約か

クリッパーズのヘッドコーチコーチ、ドックリバースは5年契約の最終年を残し、その去就が話題となっているが、Los Angels Timesは、公式にアナウンスされていないが、すべて要素がリバースとの複数 …

クリッパーズ、マーカスモリスをトレードで獲得

やはり今年もトレードの最終期限であるトレードデッドラインにクリッパーズは動いてきました。 例年に比べれば、大きな動きではなかったですが(去年、一昨年が大きすぎた?)今年もしっかり補強してきました。 ク …