NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

ウェストブルックが101回目のトリプルダブル

投稿日:

サンダーのホーム、チェサピークエナジーアリーナで行われたサンダーとクリッパーズの一戦は113-121でサンダーが勝利した。



・ビッグスリーを抑える好ディフェンス
ラッセルウェストブルックは16得点10リバウンド11アシストとホークス戦に続いて、101回目のトリプルダブルを記録した。
Mr. Triple Double Strikes Again vs The Clippers!
しかし、FG%は7/17の41.1%、3Pは0/1の控えめな数字でターンオーバーも6個引き出されている。特に前半はFG1/6に抑えられている。ウェストブルックのディフェンスについたのは主にオースティンリバース。23得点7リバウンド2アシスト2ブロック3スティールと攻守両面で大貢献した。
▼ウェストブルックをブロック→DJのダンク


▼終盤貴重なスリーを決めるリバース


カーメロアンソニーについたのはトバイアスハリス。ハリスもチームトップの24得点5リバウンド6アシスト2スティールを記録し、またメロをFG3/11の9得点に抑え攻守両面で活躍した。ガリナリを欠きルーが不調の今、チームのエースと言っていいかもしれない。
ポールジョージはFG6/13の19得点と比較的やられてしまった印象があるが、途中テオドシッチがつく場面が多かったのが影響していて、ソーンウェルは相変わらずいいディフェンスを展開していた。
・ビッグ3以外の奮起
ビッグ3は比較的大人しかったこの試合において、素晴らしいパフォーマンスを見せたのはスティーブンアダムスとサンダーに最近移籍したコーリーブリュワーであった。
アダムスはインサイドで抜群の存在感を示し、完全にデアンドレジョーダンをアウトパフォームしていた。スタッツとしては18得点14リバウンド1アシスト5ブロックであったが数字以上の貢献をしていた。
コーリーブリュワーに関しては、サンダーに移籍してから、全くパッとしなかったにもかかわらず突如開花しチームトップの22得点と6スティールを記録した。



・セカンドユニットの不安定
クリッパーズは直近、スターティングラインナップをDJ、ハリス、ソーンウェル、ルー、オースティンに変えてからは第1Qの出だしの安定感が増している。しかしその割を食っているのがセカンドユニットで特にルー、テオドシッチ、エバンスのスリーガード体制になっている時が特に不安定になっている。ここにウェズリージョンソンやサムデッカーを試しては見るけれどうまくいかない。テオドシッチとルーが並ぶとディフェンス面で大きな穴となっているし、更に、ルーの調子が悪いのでアウトサイドシュートが入らず、オフェンス面ではハレル頼みとなっている。ガリナリとブラッドリーの怪我が本当に痛い状況となってしまっている。
・現在の順位と状況
今日負けたことによって10位に転落。9位のナゲッツとは0.5ゲーム差、8位までは1.5ゲーム差となっている。次は月曜日にホームでブレイザーズ戦が控えており、厳しい戦いが続く。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クリッパーズ2017-2018年シーズン名場面集

Best Of Los Angeles Clippers 2018 NBA Season 動画貼っただけですが、さすがNBA 公式動画で出来がいい。

no image

3Pコンテストはデビンブッカーが優勝

本日、オールスターゲームに先駆けて行われたスリーポイントコンテストはデビンブッカーが優勝した。 ▼3Pコンテストハイライト 2018 NBA 3-Point Shooting Contest High …

no image

オラディポ活躍のペイサーズに敗れる

ステイプルズセンターで行われた、ロサンゼルスクリッパーズとインディアナペイサーズとの1戦は104-111でペイサーズが勝利した。 ・ビクターオラディポの活躍 サンダーから移籍し、予想以上の活躍を見せて …

no image

ルーキーがレブロンジェームズを見事抑える

クリッパーズのホーム、ステイプルズセンターで行われたクリーブランドキャバリアーズとの一戦は116-102でクリッパーズが勝利した。ナゲッツとジャズが勝利し、負ければ10位に転落の可能性もあったが無事8 …

no image

ピストンズのグリフィンが古巣と激突

日本時間10日9:00,グリフィンがトレードされてから初のクリッパーズvsピストンズが実現した。 今回のトレードで今後のチーム運営について大きく舵をきった両チーム。まさにこのトレードの正否を占うとも言 …