NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

2018年フリーエージェントまとめ(SF編)

投稿日:

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。

スポンサーリンク



意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricted FA、PO:player option、TO:team option
スモールフォワード
1位 ケヴィンデュラント  ウォリアーズ PO
2位 レブロンジェームズ  キャバリアーズ PO
3位 ポールジョージ    サンダー PO
4位 ジャバリパーカー   バックス RFA
5位 カーメロアンソニー  サンダー PO
6位 ロドニーフッド    キャバリアーズ RFA
7位 トレバリーアリーザ  ロケッツ UFA
8位 カイルアンダーソン  スパーズ RFA
9位 ルディゲイ      スパーズ PO
10位 ウィルソンチャンドラー ナゲッツ PO
http://hoopshype.com/2018/02/13/nba-free-agency-2018-small-forwards/
来夏のFAのまさに目玉になります。おそらくデュラントは残留すると思われるので、特に話題となっているのはレブロンジェームズとPG13です。
レイカーズはまさにこの二人を獲得するつもりであり、今回のトレードでもキャップスペースを空け準備万端です。
キャブスは敗戦が続きロッカールームの雰囲気も良くないと報道されていました。そのためレブロンもFAで移籍するかもしれないとの期待が強まっていましたが、先日のトレードで大胆にロースターを一新。新メンバーとレブロンの相性は今のところよいようで、移籍を決断するかは後半戦次第でしょう。
▼新生チームレブロン
LeBron James Full Highlights 2018.2.11 at Celtics – 24 Pts, 10 Ast,8 Reb in 3 Quarters FreeDawkins
Jordan Clarkson, Larry Nance Jr, George Hill & Rodney Hood CAVS DEBUT 2018.02.11 at Celtics!
ブレイクグリフィンを放出してキャップスペースを空けたクリッパーズは早速、レブロンの獲得を検討しているのではと報道がされていましたが、私は本命はポールジョージだと思います。
グリフィンのトレードの際も、ポールジョージとのトレードの噂があり、フロントは彼を獲得しようとしているのかもしれません。ポールジョージのホームタウンはロサンゼルスであり、レイカーズではなくクリッパーズを選ぶ可能性は充分にあるはずです。ジェリーウェストなら獲得するかもと期待せずにはいられません。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クワイレナード、スパーズと決別か

サンアントニオスパーズに所属する元ファイナルMVPのクワイレナードは、かねてよりトレードの噂が出ていたが、今回レナードがチームを離れたがっているとの報道がされている。 Kawhi Leonard wa …

no image

デアンドレジョーダンの移籍先候補

デアンドレジョーダンは今夏プレイヤーオプションを行使すれば、フリーエージェントとなることができる。 ジョーダンは今季、クリスポールを失ったにも関わらず、12.0得点15.2リバウンド(リーグ2位)1. …

no image

クリッパーズ、NBA初のフロント職に記者を任命

ロサンゼルスクリッパーズはSports illustrated (SI)の記者のリージェンキンスをリサーチアンドアイデンティティのエグゼクティブディレクターとしてフロント入りさせることを発表した。 こ …

no image

タイロンウォレス、ペリカンズのオファーに合意

今夏、制限付きフリーエージェントとなっていたタイロン・ウォレスがニューオリンズペリカンズのオファーシートに合意したようだ。 Sources: Clippers restricted free agen …

no image

クリッパーズの2018年サラリーキャップ事情

今シーズン、クリッパーズはフランチャイズプレイヤーであるクリスポールとブレイクグリフィンと別れを告げ、再建モードに突入している。サラリーの大きかった両選手を放出したとはいえ、今オフに選手に支払えるサラ …