NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

2018年フリーエージェントまとめ(SF編)

投稿日:

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。

スポンサーリンク



意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricted FA、PO:player option、TO:team option
スモールフォワード
1位 ケヴィンデュラント  ウォリアーズ PO
2位 レブロンジェームズ  キャバリアーズ PO
3位 ポールジョージ    サンダー PO
4位 ジャバリパーカー   バックス RFA
5位 カーメロアンソニー  サンダー PO
6位 ロドニーフッド    キャバリアーズ RFA
7位 トレバリーアリーザ  ロケッツ UFA
8位 カイルアンダーソン  スパーズ RFA
9位 ルディゲイ      スパーズ PO
10位 ウィルソンチャンドラー ナゲッツ PO
http://hoopshype.com/2018/02/13/nba-free-agency-2018-small-forwards/
来夏のFAのまさに目玉になります。おそらくデュラントは残留すると思われるので、特に話題となっているのはレブロンジェームズとPG13です。
レイカーズはまさにこの二人を獲得するつもりであり、今回のトレードでもキャップスペースを空け準備万端です。
キャブスは敗戦が続きロッカールームの雰囲気も良くないと報道されていました。そのためレブロンもFAで移籍するかもしれないとの期待が強まっていましたが、先日のトレードで大胆にロースターを一新。新メンバーとレブロンの相性は今のところよいようで、移籍を決断するかは後半戦次第でしょう。
▼新生チームレブロン
LeBron James Full Highlights 2018.2.11 at Celtics – 24 Pts, 10 Ast,8 Reb in 3 Quarters FreeDawkins
Jordan Clarkson, Larry Nance Jr, George Hill & Rodney Hood CAVS DEBUT 2018.02.11 at Celtics!
ブレイクグリフィンを放出してキャップスペースを空けたクリッパーズは早速、レブロンの獲得を検討しているのではと報道がされていましたが、私は本命はポールジョージだと思います。
グリフィンのトレードの際も、ポールジョージとのトレードの噂があり、フロントは彼を獲得しようとしているのかもしれません。ポールジョージのホームタウンはロサンゼルスであり、レイカーズではなくクリッパーズを選ぶ可能性は充分にあるはずです。ジェリーウェストなら獲得するかもと期待せずにはいられません。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テオドシッチ、クリッパーズに残留濃厚か

クリッパーズのポイントガード、ミロステオドシッチは今夏、プレイヤーオプションを行使したためFAにはならなかった。しかし、その契約は2.1mしか保証されておらず、クリッパーズは今日までにテオドシッチをウ …

クリッパーズ、レジージャクソンと再契約。一方ノアはウェイブ、引退へ

クリッパーズは、昨シーズン途中から加入したレジージャクソンとベテランズミニマム契約で再契約しました。 ジャクソンはプレイオフでディフェンス面で狙われ、途中からローテーションから外れてしまい今季再契約す …

no image

クリッパーズ、レナードをトレードで獲得か

ロサンゼルスクリッパーズはサンアントニオスパーズのエース、クワイレナードを獲得することを検討しているとUSA TODAY が報じている。 記事によれば、レナードはクリッパーズのコンサルタントのジェリー …

no image

サムデッカー、キャバリアーズにトレード移籍

クリッパーズのコンボフォワード、サムデッカーはクリーブランド・キャバリアーズに移籍することが決まったようだ。 Cleveland is finalizing a trade to acquire Lo …

クリッパーズ、マーカスモリスをトレードで獲得

やはり今年もトレードの最終期限であるトレードデッドラインにクリッパーズは動いてきました。 例年に比べれば、大きな動きではなかったですが(去年、一昨年が大きすぎた?)今年もしっかり補強してきました。 ク …