NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

最多30点のリードを奪いニックスを下す

投稿日:

昨日、ホーム、ステイプルズセンターで行われたニューヨークニックス戦は128-105でクリッパーズが勝利した。
主なスタッツとチームハイライトは以下の通り。


第1Qは好調に32点を奪い7点リードとするも、第2Qに25-35とニックスに巻き返され、57-60の3点ビハインドで前半を終える。後半開始早々にトバイアスハリスのスリーポイントで同点とするとCJウィリアムズのダンクで逆転し、そこからはクリッパーズによる一方的な展開となった。第3Qを35-18、第4Q36-27とし最大30点のリードを奪った。
デアンドレジョーダンは以前のように仲間の好プレーがあるとベンチで大騒ぎする様子が見られ、またこのチームであと10年いたいとコメントしたと報じられるなどメンタル面はかなり吹っ切れてきたようだ。自身も素晴らしいパフォーマンスを残している。
▼デアンドレジョーダンのハイライト
DeAndre Jordan (19 points) Highlights vs New York Knicks 3-2-18
ベンチユニットも素晴らしいパフォーマンスを見せた。ルーウィリアムズとハレルのコンビプレーは良かったし、シンダリウスソーンウェルもディフェンス面で存在感を放っていた。デッカーもしばらくぶりに存在感を放っていたように思う。


気になるのはツーウェイプレイヤー達の動向でタイロンウォレスはすでに出場回数の規定に達し、CJウィリアムズもこのニックス戦で上限に達してしまった。ロースタースポットは一つであるが、クリッパーズのフロントはどのような決断をするつもりなのか。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ピストンズのグリフィンが古巣と激突

日本時間10日9:00,グリフィンがトレードされてから初のクリッパーズvsピストンズが実現した。 今回のトレードで今後のチーム運営について大きく舵をきった両チーム。まさにこのトレードの正否を占うとも言 …

no image

ナゲッツに敗れプレイオフレースから敗退決定

ステイプルズセンターで行われたロサンゼルスクリッパーズとデンバーナゲッツの1戦は115-134でナゲッツが勝利した。クリッパーズのディフェンスは今日も良くなく全てのクオーターで30点以上を取られた。 …

no image

ルーの活躍でラプターズに大逆転勝利

ラプターズのホーム、エアカナダセンターで行われたロサンゼルスクリッパーズとトロントラプターズの一戦はクリッパーズが117-106で勝利した。 クリッパーズは開始6分で9-27の18点差のリードを許す。 …

no image

19点差をひっくり返しスパーズに勝利

月曜日に、11連勝中のヒューストンロケッツを83得点に抑え勝利したサンアトニオスパーズとロサンゼルスクリッパーズはホーム、ステイプルズセンターで対戦した。 第1Q、クリッパーズは攻守共に噛み合わずター …

no image

vs Celtecs 1/25

DJ is back!デアンドレジョーダンがクリッパーズの最多出場記録を更新しました。