NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

オフコート

例の“シークレットトンネル”招待ツアーを企画

投稿日:

ロサンゼルスクリッパーズは昨季、ヒューストンロケッツ戦で話題となったシークレットトンネルの紹介を含むステイプルズセンター見学ツアーを開くようだ。





知らない方のために簡単に説明すると、
昨季ヒューストンロケッツとのレギュラーシーズン第1戦、クリスポールがロケッツにオフに移籍した事で、グリフィンとポールの間で険悪な展開となった。試合は更にグリフィンがダントーニHCに体当たりしたり、オースティンリバースがアリーザにヤジを飛ばすなど大荒れ。最終的にアリーザとグリフィンが退場処分となった。
▼試合ハイライト
Rockets At Clippers Full BAD BLOOD Play 2018.01.15 – CHAOS in Chris Paul Return!
試合後も、ロケッツ側の怒りは収まらず、ロケッツの数名の選手がクリッパーズのロッカールームに乗り込んでいったという。その際にクリスポールはクリッパーズのロッカールームへと続く秘密の抜け穴を使ったと報じられた。
これに対してツイッターでは大騒ぎ。クリスポールを揶揄するツイートなどで溢れかえった。


その他、オースティンリバースが撃退しただの、クリントカペラがドアの前でデコイに使われたなど有象無象の情報が飛び交った。最終的には警察が呼ばれる事態となったようだ。
▼警察が来た事に対して大爆笑するシャックとバークレー


“16年間NBAでプレイしたけど警察が来たのは初めてだ。”“もしもしブレイクグリフィンですが、クリスポールがロッカールームに入ってこようとしてるんです。助けてください。”
このロケッツとの確執は、グリフィンが直後にトレードされたため、以降終息したが、是非シークレットトンネルを見てみたい。







-オフコート

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BLM運動でNBAの各選手がジャージに社会的メッセージを入れる

ミネアポリスで黒人男性が警官の暴力で死亡した事件に端を発した、いわゆるBlackLivesMatterと言われる人種差別に対する抗議活動の一環として、NBAは各選手がジャージの背中に社会正義に関するメ …

no image

クリッパーズ、レナードを批判したコメンテーターを首に

ロサンゼルスクリッパーズのTVアナリストのブルース・ボーエンは来季、契約を更新されないようだ。 The 2019 free agency chase is underway: In aftermath …

no image

デモ中のレイカーズファンをクリッパーズファンが煽る

リーグ最高のプレイヤーであるレブロンジェームズが加わったにもかかわらず、プレイオフにも出場出来ず期待はずれに終わったレイカーズ。 先日もタイロン・ルーとの契約交渉が決裂し、次のヘッドコーチも決まってい …

no image

ドックはクリッパーズを破壊したのか(前編)

ドックリバースがクリッパーズのヘッドコーチに就任して5シーズンが経過したが、クリスポール、ブレイクグリフィン、デアンドレジョーダンのビック3を擁しながら一度もカンファレンスファイナルにすら出場出来てい …

no image

JJレディック「トランプ並みの寛容さだった」

ブレイクグリフィン、クリスポール、デアンドレジョーダンが在籍していた所謂ロブシティ時代のクリッパーズは、優秀な戦力を保持していたにも関わらず、結局カンファレンスファイナルに出場することも出来なかった。 …