NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2019-2020シーズン

レナードはジョーダンの域に達しつつあるのか

投稿日:2019年11月5日 更新日:

4日、クリッパーズはジャズとホーム、ステイプルズセンターで対戦し、前半ジャズのチームディフェンスに苦戦するも第4Qに巻き返し94−105で辛勝しました。
第4Qの巻き返しの原動力となったのは、クワイレナード。
相手の激しいマークもあって前半FG1/9の5得点と精彩を欠いていたレナードですが、第4Qにはほぼフル出場して18得点と大爆発しました。
これにより、レナードは現在第4Qの平均得点が12.6点でリーグトップとなっています。なお2位はリラードタイムのデイミアンリラードの11.1得点です。



・レナードはマイケルジョーダンの域に達したのか
このような彼の勝負強さや、ミッドレンジゲーム、ディフェンスも兼ね備えたツーウェイプレイヤーなどの要素を考えると今最もマイケルジョーダンに近いのはクワイレナードかもしれません。レナードがジョーダンが得意としていたムーブを取り入れていることから、現地でもこの話題に拍車をかけています。
▼レナードとジョーダンのワンハンドフェイク


レナード自身も記者からの質問に答える形で、ジョーダンから学んでいることを認めました。
また、レナード移籍前にレナードはジョーダンのようだと発言をしていたリバースHCは、ジャズ戦前に記者に対して「彼の手や長さなどレナードほどジョーダンのようなボディタイプの選手はいない。」と語っています。
レナードの今季のスタッツとジョーダンが今のレナードと同じ28歳の時のスタッツを比較すると以下の通りです。
レナード:29.3p、7.3r、5.7a、2.3stl、1.0blk
ジョーダン:30.1p、6.4r、6.1a、2.3stl、0.9blk
今季アシストが倍近く伸びたおかげで、まさにジョーダンに比較されるべきスタッツとなっています。しかも、ジョーダンは平均38分の出場時間ですが、レナードは平均30分となっているのでジョーダンよりも効率的とも言えるかもしれません。
もちろん、まだ開幕したばかりですからこの調子が続くとも限りませんし、ポールジョージが復帰すると役割の変更もしくはシェアでスタッツもかわるかもしれませんが、今後が楽しみでなりません。
是非、怪我をしないでプレイオフを迎えてもらいたいものです。
▼レナードのジャズ戦ハイライト
Kawhi Leonard Full Highlights 2019.11.03 Clippers vs Jazz – 30 Pts, 4th Quarter Explosion!







-2019-2020シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドンチッチがシリーズをタイに戻す劇的ブザービーターで試合を決める

プレイオフ、第4戦クリッパーズ対マーベリックスの試合、オーバータイムにもつれ込む大接戦の末、マーベリックスのエース、ルカドンチッチがシリーズを2-2にタイに戻す劇的ブザービーターで試合を決めました。 …

モントレズハレル、シックスマンオブザイヤーを獲得

クリッパーズのモントレズハレルが今年のシックスマンオブザイヤーを獲得しました。ルーウィリアムズとサンダーのデニスシュローダーが候補として挙がっていましたが、シュローダーとの僅差を制し最終的にはハレルが …

no image

シーズン開幕に暗雲!?マーベリックスに大敗

クリッパーズの今シーズン最後のプレシーズンマッチがカナダ、バンクーバーで行われました。 トロントラプターズからわずか1年で移籍したにもかかわらず、バンクーバーの観客はレナードを暖かく迎えてくれたようで …

ルーキーのテランスマンがほぼトリプルダブルの活躍でブレイクグリフィン以来の快挙

レギュラーシーズン最終戦、ウェスト2位が確定しているクリッパーズは、おなじくウェスト5位が確定しているサンダーと対戦し、OTまで持ち込まれる接戦でしたが107-103でクリッパーズが勝利しました。 ・ …

ランドリーシャメットがコロナウィルス陽性反応

ほんの数時間前にコロナウィルスの陽性は選手ではなさそうと言ったばかりですが、どうやら陽性だったのはガードのランドリーシャメットだったようです。 Clippers guard Landry Shamet …