NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

レナードのトレードの勝者はクリッパーズ?

投稿日:

サンアントニオスパーズとトロントラプターズの間でビッグトレードが成立した。
ラプターズ
クワイレナード、ダニーグリーン
スパーズ
デマーデローザン、ヤコブポートル、2019年1st指名権(1-20位プロテクト)
ラプターズとしては、ロサンゼルスに行きたいと公言しているレナードに対し、かなりのギャンブルとなったトレードに見えるが、指名権はヘビープロテクトだし、心配されたヤングタレント放出もアヌノビー、シアカムは放出せずに済んだため、報道されていたよりリスクは抑えた事になるだろう。それでも1年のレンタル契約になる可能性の高い選手に自チームのオールスター選手を放出するのは通常考えられないが、クリッパーズがグリフィンに見た閉塞感をラプターズもデローザンに感じていたとすれば、致し方なかったのかもしれない。
スパーズは大勝利と言えるだろう。確かにレナードの見返りとしては少ないが、オフにただで出て行かれることが濃厚であったことを考えれば、2020年まで契約の残っているオールスター及びヤングタレント、指名権を獲得できたことは良かったと言えるだろう。しかも、レナードの行き先はイースタンなのでレギュラーシーズンに影響しない。



・焦点は来夏のフリーエージェントへ
トレード発表時、レナードはトロントでプレイするのが嫌だと考えていると報じられた。現在では考えも前向きになっているようだが、元々故郷のロサンゼルスに行きたいと公言していたレナードなので、来夏のフリーエージェントでは移籍を考える可能性が高い。
この点、Bleacher Report の記事では、今回のトレードのWinnerはクリッパーズであるとしている。
ESPNのMichel C WrightがPodCastでレナードがクリッパーズに行きたいと考えていると指摘したことを引き合いに出し、今回レイカーズに移籍しなかったことで、クリッパーズにはチャンスがあるとしている。
確かに、ロサンゼルス以外のチームでは、セルティックスやシクサーズより契約延長の可能性は低いかもしれない。また、クリッパーズは来夏キャップスペースが大きく開くため、スター選手2人獲得することも可能で受け入れ準備は万端である。
もちろんフランチャイズの歴史としてはレイカーズに劣るため、そこはジェリーウェストとドックリバースに頑張ってもらうしかないだろう。そして今年のシーズンの結果も大きく影響するだろう。FA選手に魅力的と思わせるシーズンにしなければならない。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

タイロンウォレス、ペリカンズのオファーに合意

今夏、制限付きフリーエージェントとなっていたタイロン・ウォレスがニューオリンズペリカンズのオファーシートに合意したようだ。 Sources: Clippers restricted free agen …

no image

テオドシッチ、クリッパーズに残留濃厚か

クリッパーズのポイントガード、ミロステオドシッチは今夏、プレイヤーオプションを行使したためFAにはならなかった。しかし、その契約は2.1mしか保証されておらず、クリッパーズは今日までにテオドシッチをウ …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(PG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

no image

クリッパーズ、NBA初のフロント職に記者を任命

ロサンゼルスクリッパーズはSports illustrated (SI)の記者のリージェンキンスをリサーチアンドアイデンティティのエグゼクティブディレクターとしてフロント入りさせることを発表した。 こ …

ヨアキム・ノア、クリッパーズと10日間契約

昨シーズン、グリズリーズでプレイ後、フリーエージェントとなっていたセンターのヨアキム・ノアがクリッパーズに加入しました。これでクリッパーズは15人のロースタースポットが全て埋まったことになります。Wo …