NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

オフコート

ルーウィリアムズが3度目のシックスマンオブザイヤー

投稿日:2019年6月25日 更新日:

現地24日、シックスマンオブザイヤーが発表され、下馬評通りルーウィリアムズが選出された。
最終候補者として、チームメイトのモントレズハレルとペイサーズのドマンタスサボニスが残っていたが、圧倒的得票数で自身3度目のシックスマンオブザイヤーに選出された。シックスマンオブザイヤーに3度も選出されるのは、史上2人目で、同じくクリッパーズで活躍したジャマールクロフォード以来となる。
昨シーズンはベンチスタートながらハレルと共にオフェンスの中心となり、いくつものクラッチシュートを決め、まさにクリッパーズのエースとして活躍した。チームのスコアラーだけではなく、ベテランとしてリーダーシップを発揮しチームを引っ張っていたことは受賞のコメントからも明らかだ。


“獲得しすぎかな?(笑) 僕は特別な賛辞をチームメイトのモントレズに送りたい。この瞬間を彼と共有したい。ファイナリストになることは非常に難しいことだ。しかもチームメイトがそこにいるというのはもっとそうだ。僕は彼とこれを共有したい。僕がホームと呼べるカルチャーを作ってくれるドックとL(ローレンスフランク?)、スティーブ。彼らに感謝している。全てのチームメイト。僕がすることをリスペクトしてくれ、高いレベルで僕のやることを許してくれる。そして素晴らしいチームにしてくれる。友人やファミリー。バスケットをやりやすい環境にしてくれる。僕はそれに感謝している。ありがとう。 ”



ルーは4年前には、自分はやりきったと感じており、2017年のシーズン前にはこのシーズンが最後と家族や友人らに漏らしていたというのだから、2年連続のこの栄誉は感慨深い。
その他にはローレンスフランクがエグゼクティブオブザイヤーの3位、ドックリバースがコーチオブザイヤーの2位につけた。
▼選ばれなかった時のドックの顔


いや、流石に今年は無理でしょう。。
▼ルーのオフェンスハイライト
Lou Williams BEST Offense Highlights from 2018-19 NBA Season! 6th Man of the Year







-オフコート

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BLM運動でNBAの各選手がジャージに社会的メッセージを入れる

ミネアポリスで黒人男性が警官の暴力で死亡した事件に端を発した、いわゆるBlackLivesMatterと言われる人種差別に対する抗議活動の一環として、NBAは各選手がジャージの背中に社会正義に関するメ …

no image

ジミーバトラーがオールスターに出場しなかった理由

日本時間19日に行われたオールスター戦にジミーバトラーはチームカリーに選出されていたにもかかわらず、出場しなかった。 SIの記事 によるとジミーバトラーはこのように回答している。 “休養だよ。休養を取 …

no image

Jウェスト「レブロンの契約に感動しない。」

レブロンジェームズは今夏、フリーエージェントとなりロサンゼルスレイカーズに移籍を決めた。レブロンの獲得には、多くのチームが興味を持っており、レイカーズは彼らを出し抜いた事になるが、元レイカーズのレジェ …

no image

JJレディック「トランプ並みの寛容さだった」

ブレイクグリフィン、クリスポール、デアンドレジョーダンが在籍していた所謂ロブシティ時代のクリッパーズは、優秀な戦力を保持していたにも関わらず、結局カンファレンスファイナルに出場することも出来なかった。 …

no image

ドックはクリッパーズを破壊したのか(後編)

(続き) ドック・リバースは、クリッパーズとの5回目のシーズンは今夜終わり、リバースの今までの年々の認識がすべて間違っている可能性がある。:ドック・リバースは、実際には、強力なベテランのチームの理想的 …