NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2018-2019シーズン

ビバリーとウェストブルックの確執再び

投稿日:

アウェイで迎えたオクラホマシティサンダー戦。クリッパーズは110-128で敗れた。



序盤はクリッパーズペースで進み、これはまた大差での勝利かとも思わせるほどの展開。しかし、第2Qから徐々にターンオーバーが増え始め、第3Qでは全く連携が噛み合わず10-39と絶望的な点差をつけられた。この日のクリッパーズのターンオーバーは合計24。サンダーはこのターンオーバーからのトランジションオフェンスを展開し、ターンオーバーに基づく得点を38-18として大幅にアウトパフォームした。理屈は説明出来ないが、サンダーの術中にはまりターンオーバーを量産してしまったということだろう。確かにクリッパーズのボールムーブメントは決して組織的に確立されたようには見えず、結局ガリナリやハリスのアイソになる場面もよく見る。その不安定なパス回しを狙われたということではないか。
・ビバリーとウェストブルックの確執再び
この日、ビバリーはウェストブルックがボールをファンブルした際に、そのルーズボールを追った結果、ウェストブルックの膝あたりにタックルする形となった。


わざとやっているようには見えないが、2人はヒートアップしてしまう。それもそのはず、2人には因縁がある。2013年プレーオフにタイムアウトを取ろうとしていたウェストブルックにビバリーが突っ込み、その結果ウェストブルックは膝を痛め、その後のプレーオフを全休することになった。その後も度々衝突している2人、新たな禍根となりそうだ。


次戦はシクサーズ戦。今回の敗因を修正してほしい。
▼ウェストブルックのハイライト
Russell Westbrook Full Highlights 2018.10.30 Thunder vs Clippers – 32 Pts, 9 Asts! FreeDawkins







-2018-2019シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トバイアスハリスのキャリアハイで単独首位

これは現実だろうか。もちろんシーズンはまだまだ序盤で、しかも混戦状態というのは理解している。しかし、クリッパーズはこの日、ポートランドトレイルブレイザーズをアウェイで下し、タイブレークルールなど使わず …

no image

ルーウィリアムズのビッグショットで辛勝

今朝、11月のプレイヤーオブザマンスとコーチオブザマンスが発表され、ウェスタンではクリッパーズのトバイアスハリスとドックリバースが選出された。平均得点自体ではレブロンジェームズやケビンデュラントなどが …

no image

クリッパーズの2018-2019シーズン総括

長かったシーズンもついに終わってしまいました。 クリッパーズのメディアルームには、開幕前は15人ほどのメディア関係者だったにもかかわらず、シーズン終了後には部屋がいっぱいになる程関係者で埋まったそうで …

no image

クリッパーズ、5連勝で遂に首位に!

クリッパーズはアウェイでアトランタホークスと対戦し、127-119で連勝記録を5に伸ばした。 これでチームは成績を11勝5敗とし、トレイルブレイザーズとグリズリーズと並びウェスタンカンファレンス1位と …

no image

デンバーナゲッツに勝利しプレシーズン4連勝

クリッパーズのホーム、ステイプルズセンターで、ともにプレシーズン3連勝中のクリッパーズとナゲッツが対戦した。結果はクリッパーズが109-103で勝利し、プレシーズン全勝の4連勝とした。スターター以外の …