NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

ドックリバース、クリッパーズと複数年契約か

投稿日:

クリッパーズのヘッドコーチコーチ、ドックリバースは5年契約の最終年を残し、その去就が話題となっているが、Los Angels Timesは、公式にアナウンスされていないが、すべて要素がリバースとの複数年契約を指し示しているとしている。



また、これが実現すればそれはスマートな選択だとしている。記事では5年前のドナルドスターリングオーナーの差別発言の危機の時よりも、今のポストロブシティの基礎固めに際して、より良いコーチとなるとしている。
“クリスポールとブレイクグリフィンがいなくなり、仮にデアンドレジョーダンが出ていったとしても、ドックリバースがチームの顔で居続けられ、それは素晴らしいことだ。彼のがらがら声と巨大な存在感はスティーブパルマーの期待するチームの再建に寄与するだろう。
今夏のフリーエージェントのポールジョージとレブロンジェームズに興味を持たせられるのはリバースのスタイルだろうし、2つのロッタリー指名権を育てられるのもリバースだ。そして、2019年にキャップスペースを利用してフリーエージェントのクレイトンプソンやジミーバトラー、トレードされてなければクワイレナードを率いることができる。”
“実際、ドックリバースのコーチとしてのパフォーマンスはアメイジングだった。42勝は最も少ない数だが最も大きいインパクトを残した。チームはひどい怪我に悩ませられたにもかかわらずプレイオフレースから最後まで離脱しなかった。”

以前紹介した記事でポールピアースが指摘しているように、ドックは他チームのプレイヤーから人気がある。FAでの選手獲得の要素となるかもしれない。また、今季今までとは嘘のように新しい選手を使い続け、モントレズハレルやタイロンウォレス、CJウィリアムズなどを見事に戦力とした。もう少しドックを信じてみるのも一つかもしれない。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クリッパーズ、C.J.ウィリアムズを解雇

クリッパーズは昨シーズン終盤にツーウェイ契約から通常のロースター契約に移行していたC.J.ウィリアムズをウェイブしたと発表した。 The team has waived C.J. Williams. …

no image

トバイアスハリス、シクサーズに電撃移籍

まさに青天の霹靂。今日のシャーロットホーネッツ戦でゲームウィナーを決めたトバイアスハリス(Tobias Harris)がシクサーズにトレード移籍した。 ▼本日、決勝点を含む34得点7リバウンド5アシス …

no image

デアンドレジョーダンの移籍先候補

デアンドレジョーダンは今夏プレイヤーオプションを行使すれば、フリーエージェントとなることができる。 ジョーダンは今季、クリスポールを失ったにも関わらず、12.0得点15.2リバウンド(リーグ2位)1. …

クリッパーズ、ニコラスバトゥームを獲得。ハワードの再来なるか。

クリッパーズは、シャーロートホーネッツからウェイブされたニコラスバトゥームの獲得に成功しました。 バトゥームは複数の上位チームが獲得に乗り出していたとされ、クリッパーズはその獲得競争に打ち勝ったことに …

クリッパーズ、レジージャクソンと再契約。一方ノアはウェイブ、引退へ

クリッパーズは、昨シーズン途中から加入したレジージャクソンとベテランズミニマム契約で再契約しました。 ジャクソンはプレイオフでディフェンス面で狙われ、途中からローテーションから外れてしまい今季再契約す …