NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

ジョーダンがシャック以来の快挙で勝利

投稿日:

バックスのホーム、ブラッドレイセンターで行われたロサンゼルスクリッパーズとミルウォーキーバックスの一戦はクリッパーズが127-120で勝利した。
クリッパーズは第1Q終盤から試合のペースを握り、終始10点前後のリードを保っていたが、第4Q残り1:21で4点差まで詰め寄られたが、なんとか逃げ切った。バックスのスーパースター、ヤニス アデトクンポは第2Qに右足を痛め、後半からは出場しなかった。アデトクンポは前半17分のみの出場ながら12得点2リバウンド2アシスト1スティール3ブロックと攻守両面で活躍した。もし後半も出場していたら試合の結果は逆だったかもしれない。
・アウトサイドシュートの好調
今回の試合の勝因の大きな要素として3Pシュートの好調さが挙げられるだろう。前のウルブズ戦では3P8/24の33%であったにもかかわらず、今回は成功数ではほぼ倍の15本、15/30の3P%50%と高確率でシュートを沈めた。
中でもオースティンリバースはエース級の働きを見せ、チームの1/3の5本のスリーポイントシュートを決めた。4点差まで追い詰められたクリッパーズに勝利を手繰り寄せたのは、残り1分で7点差に広げるオースティンのクラッチスリーであった。
▼オースティンのクラッチスリー


・デアンドレジョーダンがシャキールオニール以来の快挙
デアンドレジョーダンは25得点22リバウンド4アシストを記録した。特に第1Qはインサイドを支配し、第1Qだけで14得点10リバウンド(オフェンスリバウンド5)を記録している。前半だけで17得点16リバウンドを達成したのは、1998年のシャック以来だそうだ。
ただ手放しに褒められないのは、ターンオーバーを7つも犯している点だ。これがなければ、もう少し後味の良い試合展開になったような気がする。第4Q残り1:21で4点差に追いつかれたのも、DJがインバウンドパスでウェズリージョンソンが近くにいるにもかかわらず、無駄にロングパスを狙ってスティールされたのが原因である。今シーズンのDJはよせばいいのに、やたら長いパスやバックドアを狙うシーンが増えている。
▼デアンドレジョーダンのハイライト
DeAndre Jordan Full Highlights 2018.3.21 LA Clippers at Bucks – 25-22! FreeDawkins



・スターターの変更
今日のスターティングラインナップはSFをソーンウェルからウェズリージョンソンに変更された。ウェズリージョンソンはコーナースリーやブロックを決め、概ね起用は当たりのように思えた。なお、ショーンキルパトリックの出番は今日はなく、代わりにサムデッカーが起用されていた。
クリッパーズのスタッツとハイライトは以下の通り


・現在の順位と今後の日程
クリッパーズの順位は変わらず10位。8位のジャズとは2ゲーム差となっている。今後は土曜日にペイサーズとの今シーズン初対戦が控えている。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VS Wolves 1/23

試合前の情報として Out Min:バトラー、ジャマクロ Lac:DJ、ガリナリ、CJ、オースティン、ビバリー、そして今回からエバンス ガード陣の欠場が相次ぐ中、ディフェンス面での貢献が評価され、エバ …

no image

リバースのクラッチスリーでネッツに逆転勝利

本日ホーム、ステイプルズセンターにて行われたブルックリンネッツ戦は123-120でクリッパーズが勝利した。 10-0のスコアリングランで幸先のいいスタートを切ると前半は好調に得点を重ね65-53で前半 …

no image

S.ソーンウェルがポスタライズダンクを決める

ホーム、ステイプルズセンターで行われたニューオリンズペリカンズとの1戦は100-113でペリカンズが勝利した。 クリッパーズはルーウィリアムズとオースティンが追加で故障者リストに入り、ロースターの半分 …

no image

トバイアスハリス、デビュー戦で24得点の大活躍

ホーム、ステイプルズセンターで行われたシカゴブルズとの対戦は113-103でクリッパーズが勝利した。 今日がデビュー戦となったトバイアスハリスとエイブリーブラッドリー、ボバンマリヤノビッチの三人。早速 …

no image

終盤13-0のランでマーベリックスに逆転勝利!

現地5日、ホームステイプルズセンターで行われたダラスマーベリックス戦は10点リードされた終盤4分23秒から13-0のスコアリングランを見せ104-101で見事勝利した。この試合でダニーロガリナリはシー …