NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

クリッパーズがサンズに圧勝

投稿日:

本日トーキングスティックリゾートアリーナで行われたサンズ戦はバックトゥバックにもかかわらず、クリッパーズが128-117で勝利した。
第1Qにいきなり19-0のランを決めると、そこからさらにリードを広げ前半79-50の29点差まで点差を広げた。
前半だけでルーウィリアムズが25得点、トバイアスハリスがFG6/6の19得点の大活躍。しかし第3Qにクリッパーズの攻撃が失速すると点差を詰められ、第4Qにはジョシュジャクソン、アレックスレンなどの活躍で12点差まで詰め寄るも時すでに遅し。
今年、全体指名4位のジョシュジャクソンは、開幕当初は期待はずれとの評価をされているのをちらほら見たが、最近は少しずつNBAにフィットしてきたのかもしれない。
▼ジョシュジャクソンのハイライト
Josh Jackson 19 pts 7 rebs 3 asts vs Clippers 17/18 season
クリッパーズはルーウィリアムズが35p3r4a、トバイアスハリスが30p12r4aの成績でその他DJ、オースティンリバース、モントレズルハレル、タイロンウォレスが二桁得点し、合計6人が二桁得点であった。
特にお気に入りはハレルとウォレス。ウォレスはオフェンスだけでなくブロックなどディフェンス面でも活躍し第1Qの40-18のランに大きく貢献した。
▼ウォレス→ハリスのアリウープ


今日のベストダンクはラプターズのバランチュナスに譲るとしてもハレルのダンクも躍動感があり素晴らしかった。
▼ハレルのモンスターダンク


気になるのはガリナリとブラッドリーの復帰時期とテオドシッチの不調である。テオドシッチは18分の出場で2アシスト4ターンオーバー。そのターンオーバーもイージーなパスミスを含み、オリンピック時にケビンデュラントに今まで見たことのないパスと言わしめたその姿は見る影もなくなっている。昨日のウォリアーズ戦でも、ディフェンスは悪く、オフェンスでもオープンなスリーを外していた。
次回は少し開いて水曜日にナゲッツ戦。プレイオフ争いをしているチームの一つでここも負けられない。正念場が続く。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VS Wolves 1/23

試合前の情報として Out Min:バトラー、ジャマクロ Lac:DJ、ガリナリ、CJ、オースティン、ビバリー、そして今回からエバンス ガード陣の欠場が相次ぐ中、ディフェンス面での貢献が評価され、エバ …

no image

ルーウィリアムズの活躍でマジックに逆転勝利

ホーム、ステイプルズセンターで行われたマジックとの一戦は113-105でクリッパーズが勝利した。 ・意外なシーソーゲーム リーグでワースト3の戦績で、更にエース、アーロンゴードンが欠場するマジックであ …

no image

VS Jazz @ Utah 1/21

前半は全く見るところなしのユタの一方的な展開へ。76失点は多すぎ。 後半はディフェンスから少し持ち直し6点差まで詰め寄るものの詰めきれず敗戦。 それにしても完全にエースLouですね。30得点10スティ …

no image

ピストンズのグリフィンが古巣と激突

日本時間10日9:00,グリフィンがトレードされてから初のクリッパーズvsピストンズが実現した。 今回のトレードで今後のチーム運営について大きく舵をきった両チーム。まさにこのトレードの正否を占うとも言 …

no image

ジェームズハーデンに弄ばれるW.ジョンソン

本日ステイプルズセンターで行われたヒューストンロケッツとの1戦は92-105でロケッツが勝利した。 今日のロケッツはディフェンスが機能しクリッパーズのオフェンスを封殺することに成功した。ロケッツは第1 …