NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

2017-2018シーズン

クリッパーズがサンズに圧勝

投稿日:

本日トーキングスティックリゾートアリーナで行われたサンズ戦はバックトゥバックにもかかわらず、クリッパーズが128-117で勝利した。
第1Qにいきなり19-0のランを決めると、そこからさらにリードを広げ前半79-50の29点差まで点差を広げた。
前半だけでルーウィリアムズが25得点、トバイアスハリスがFG6/6の19得点の大活躍。しかし第3Qにクリッパーズの攻撃が失速すると点差を詰められ、第4Qにはジョシュジャクソン、アレックスレンなどの活躍で12点差まで詰め寄るも時すでに遅し。
今年、全体指名4位のジョシュジャクソンは、開幕当初は期待はずれとの評価をされているのをちらほら見たが、最近は少しずつNBAにフィットしてきたのかもしれない。
▼ジョシュジャクソンのハイライト
Josh Jackson 19 pts 7 rebs 3 asts vs Clippers 17/18 season
クリッパーズはルーウィリアムズが35p3r4a、トバイアスハリスが30p12r4aの成績でその他DJ、オースティンリバース、モントレズルハレル、タイロンウォレスが二桁得点し、合計6人が二桁得点であった。
特にお気に入りはハレルとウォレス。ウォレスはオフェンスだけでなくブロックなどディフェンス面でも活躍し第1Qの40-18のランに大きく貢献した。
▼ウォレス→ハリスのアリウープ


今日のベストダンクはラプターズのバランチュナスに譲るとしてもハレルのダンクも躍動感があり素晴らしかった。
▼ハレルのモンスターダンク


気になるのはガリナリとブラッドリーの復帰時期とテオドシッチの不調である。テオドシッチは18分の出場で2アシスト4ターンオーバー。そのターンオーバーもイージーなパスミスを含み、オリンピック時にケビンデュラントに今まで見たことのないパスと言わしめたその姿は見る影もなくなっている。昨日のウォリアーズ戦でも、ディフェンスは悪く、オフェンスでもオープンなスリーを外していた。
次回は少し開いて水曜日にナゲッツ戦。プレイオフ争いをしているチームの一つでここも負けられない。正念場が続く。







-2017-2018シーズン

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ナゲッツに敗れプレイオフレースから敗退決定

ステイプルズセンターで行われたロサンゼルスクリッパーズとデンバーナゲッツの1戦は115-134でナゲッツが勝利した。クリッパーズのディフェンスは今日も良くなく全てのクオーターで30点以上を取られた。 …

no image

トバイアスハリス、デビュー戦で24得点の大活躍

ホーム、ステイプルズセンターで行われたシカゴブルズとの対戦は113-103でクリッパーズが勝利した。 今日がデビュー戦となったトバイアスハリスとエイブリーブラッドリー、ボバンマリヤノビッチの三人。早速 …

no image

最多22点差をつけられブレイザーズに敗戦

悪い。チームのムードが明らかに悪い。 グリフィンをトレードで失って最初の一戦は奇しくも、前の試合グリフィンがブザービーターを決め勝利したトレイルブレイザーズ。 前半こそグリフィン不在を感じさせないプレ …

no image

S.ソーンウェルがポスタライズダンクを決める

ホーム、ステイプルズセンターで行われたニューオリンズペリカンズとの1戦は100-113でペリカンズが勝利した。 クリッパーズはルーウィリアムズとオースティンが追加で故障者リストに入り、ロースターの半分 …

no image

グリフィン値千金のスリーでペリカンズに勝利!

現地28日に敵地スムージーキングセンターにて行われたニューオリンズペリカンズとの対戦は112対103でクリッパーズが勝利しました。 前半は直近の試合内容を引きづるような不安定なディフェンスとターンオー …