NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

クリッパーズ、レジージャクソンと再契約。一方ノアはウェイブ、引退へ

投稿日:

クリッパーズは、昨シーズン途中から加入したレジージャクソンとベテランズミニマム契約で再契約しました。

ジャクソンはプレイオフでディフェンス面で狙われ、途中からローテーションから外れてしまい今季再契約するのかどうか不透明でしたが、クリッパーズフロントは彼は戦力になると判断したようです。

私もこの再契約はポジティブにとらえています。確かにディフェンス面では穴となっていましたが、オフェンス面ではレギュラーシーズン平均得点9.5得点、3.2アシスト、3P%41.3%でこの数字は36分換算にすると16.0得点、5.4アシストまで上がり、立派な数字です。更にプレイオフには3P%53.1%まで上がり、ベテランズミニマムとしては十分すぎる選手といえるでしょう。

ディフェンス面での穴も、ゲーム終盤にエースドンチッチのマークにつけるなどドックの謎采配があったことも一因だと思っているので、プレイオフでも起用を間違えなければ、一定のローテーションの役割はできそうです。

唯一の懸念はテランスマンのプレイタイムを奪ってしまう可能性が高いところでしょうかね。

スポンサーリンク




・ノアはウェイブ、そして引退へ

ジャクソンとの契約でいよいよキャップシートを空けるためヨアキムノアがウェイブされました。報道によれば引退する予定とのことです。

再起をかけて、バブル内での試合からクリッパーズに加わったノアですが、レギュラーシーズンはプレイタイムは得られたものの、プレイオフでは完全に戦力外となっていました。

ローズと共にブルズの一時代を築いたスーパーディフェンダーですが、ここ数年は怪我により満足なパフォーマンスは出せていませんでした。しかし、いざ引退してしまうと寂しい限りです。

・ロースター残る1枠の争い!

クリッパーズはその他、キャンプ契約を結んだ4選手を公表しました。

クリッパーズのロースターはジャクソンとの契約で14名まで埋まりましたから契約できるのは、残り1名となります。その激しい争いを勝ち上がるのは誰なのか。そして、未来のフレッドバンブリート、ダンカンロビンソンはいるのか温かい目で見守りたいです。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クリッパーズ、レイカーズからズバッツを獲得

今日の日本時間午前5時、今季のNBA のトレードデッドラインを迎えた。 今季も色々動いたわけだけど他チームの動きは他に任せるとして、我らクリッパーズの動きは以下の通りだった。 (1) LAC:ガレット …

no image

ジミーバトラー、クリッパーズへの移籍を希望

ミネソタティンバーウルブズのオールスター、ジミーバトラーがロサンゼルスクリッパーズへ移籍を希望しているという。 Jimmy Butler has requested a trade from the …

no image

トバイアスハリス、シクサーズに電撃移籍

まさに青天の霹靂。今日のシャーロットホーネッツ戦でゲームウィナーを決めたトバイアスハリス(Tobias Harris)がシクサーズにトレード移籍した。 ▼本日、決勝点を含む34得点7リバウンド5アシス …

no image

クリッパーズ、カイリーアービング獲得を検討か

クリッパーズは、今シーズン2月のトレードデッドラインに76ersと大型トレード を成立させた。 このトレードでチームのリーディングスコアラーであるトバイアスハリスを放出し、ランドリーシャメットを含む選 …

no image

ブレイクグリフィンがピストンズにトレード移籍

日本時間の今日午前8時ごろグリフィンがピストンにトレード移籍するというビッグニュースが流れた。 トレードの内容は以下の通り LAC:トバイアスハリス、エイブリーブラッドリー、ボバンマリヤノビッチ、1s …