NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

オースティンリバースとゴータットがトレード

投稿日:

ロサンゼルスクリッパーズのコンボガード、オースティンリバースとワシントンウィザーズのセンター、マーチンゴータットのトレードが成立した。



これで、ヘッドコーチと選手が親子関係にあるというNBAでも珍しい状況はこれで解消することになる。ヘッドコーチが父親である事によって、色々言われることも多かったオースティンだが、クリッパーズに来てからはシーズンごとに成長を続け、今季は得点(15.1)、リバウンド(2.4)、アシスト(4.0)、3p%(37.8%)全てでキャリアハイを記録している。
いい意味でも悪い意味でもやってくれる選手で、その活躍の一部を以下で紹介したい。
今シーズンのスパーズ戦ハイライト
San Antonio Spurs vs LA Clippers Full Game Highlights / April 3 / 2017-18 NBA Season
2015年のロケッツとのプレイオフ第3戦
Austin Rivers Full Highlights 2015 WCSF G3 vs Rockets – 25 Pts, NOT Just The Son Of!
2016年のブレイザーズとのプレイオフ第6戦
Austin Rivers Full Highlights 2016 R1G6 at Blazers – 21 Pts, 8 Ast, 11 Stitches, 1 BiG Heart!
最後のブレイザーズとのプレイオフは、クリスポールとブレイクグリフィンを怪我で欠き、誰もがセカンドラウンド出場が難しいと思うなかで、一人、11針目の上を縫いながらも奮闘した。この姿を忘れられないファンは多いだろう。
本当に惜しい人材を放出する訳だが、これもドラフトで獲得したシェイとロビンソンをチームの未来とする方針に他ならない。
マーチンゴータットを獲得したのも、彼のスマートなスクリーンプレーによって、彼らガード陣が力を発揮しやすい環境を作ったようにも見える。次世代のジョンウォール、ブラッドリービールになってほしい。
こうなってくると気になるのはデアンドレジョーダンの去就である。今回のトレードがジョーダンとの決別への布石であるとする報道も多い。仮にプレイヤーオプションを行使したとしても、チームはトレードを考えているのかもしれない。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エイブリーブラッドリーの移籍先候補

クリッパーズのガードでシーズン中盤にグリフィンとのトレードでピストンズからやってきたエイブリーブラッドリーは、今夏無制限のフリーエージェントとなる。HOOPS HYPEの記事は、今夏キャップルームに余 …

no image

タイロンウォレスのオファーシートにマッチ

今夏、制限付きフリーエージェントとなり、ニューオリンズペリカンズのオファーシートに合意していたタイロンウォレスだが、クリッパーズはこれにマッチした。これで、タイロンウォレスはクリッパーズのロースターに …

no image

クリッパーズ、レイカーズからズバッツを獲得

今日の日本時間午前5時、今季のNBA のトレードデッドラインを迎えた。 今季も色々動いたわけだけど他チームの動きは他に任せるとして、我らクリッパーズの動きは以下の通りだった。 (1) LAC:ガレット …

no image

デリックローズ、クリッパーズと契約か!?

先日のトレードデッドラインでキャブスからジャズにトレードされ、そのままウェイブされてしまった元MVPのデリックローズであるが、クリッパーズが獲得を狙っているとの噂が流れてきた。 Source: I&# …

no image

グリフィン、ピストンズでのデビュー戦勝利

トレードでピストンズに移籍したブレイクグリフィンのデビュー戦が現地2月1日、ピストンズのホーム、リトルシーザーズアリーナで行われた。 ▼グリフィンの入場シーン Detroit welcomes Bla …