NBAのHOTなトピックやニッチな話題、ランキングなどを取り上げるブログです。twitterアカウントはこちら @GoClippers_jp

移籍・トレード

エイブリーブラッドリーの移籍先候補

投稿日:

クリッパーズのガードでシーズン中盤にグリフィンとのトレードでピストンズからやってきたエイブリーブラッドリーは、今夏無制限のフリーエージェントとなる。HOOPS HYPEの記事は、今夏キャップルームに余裕のあるチームはあまりなく、またブラッドリーの年齢が27歳であることも考えると再建1年目から2年目のチームは獲得に動かないだろうとし、移籍先候補として4つのチームをあげている。



①フィラデルフィア76ers
シクサーズは今夏、シューティングガードのJJレディックが無制限のFAとなり、チームを離れる可能性がある。ジョエルエンビードとベンシモンズを効果的に活躍させるためにはシューターが不可欠である。この点、ブラッドリーはスポットアップシューターとして1ポゼッションにつき1.16ポイントという優秀な数字をピストンズでの40試合で残しているので適任というわけだ。
また、シクサーズのキャップスペースはかなり余裕があり、シクサーズよりサラリーの安いチームはレイカーズしかない(!)。大物FAを獲得したとしてもまだ充分余裕がある。
②サンアントニオスパーズ
スパーズも今夏、ダニーグリーンがプレイヤーオプションを行使してチームを離れる可能性がある。仮に残留したとしても、ポポビッチは31歳のグリーンの代わりとしてブラッドリーを起用するかもしれない。サイズはグリーンの方が大きいが、ブラッドリーの方がスコアラーとして優秀だ。
実際トレードデッドラインには、結局まとまらなかったが、スパーズがブラッドリー獲得に動いていたと報道されている。
しかし、スパーズには4.4mのキャップスペースしか残されていない。これを回避するためには、カイルアンダーソンやトニーパーカーなどバードライトを保有するプレイヤーのうち1人と契約し、8.6mのmid-level exceptionを空けなければならない。
③オクラホマシティサンダー
今季、ブラッドリーに興味を持っていたのはスパーズだけではなく、サンダーもであった。サンダーは好ディフェンダーのアンドレロバーソンを怪我で失い、その代わりとしてブラッドリーを狙っていた。
来季はロバーソンが復帰するため必要性は下がっているが、ポールジョージがレイカーズと契約した場合はロバーソンをスモールフォワードに転向しブラッドリーをシューティングガードにしてウェストブルックのサポートをさせることも考えられる。サンダーは仮にポールジョージとカーメロアンソニーが退団してもサラリーキャップはオーバーするが、スパーズと同等の8.6mのmid-level exceptionを解放して契約することができる。
④ニューオリンズペリカンズ
ペリカンズは今季、デマーカスカズンズを怪我で欠くにもかかわらず、素晴らしいプレイオフでの活躍を見せている。しかし、彼らの弱点はシューティングガードでイートワンムーアはキャリアハイのシーズンを過ごしてはいるが、まだバックアップが適している。仮にブラッドリーが加入すれば、ジュリューホリデーと素晴らしいディフェンシブなバックコートコンビとなるだろうし、ブラッドリーのカッティングはオフェンス面でも活躍するだろう。
しかし、今夏はデマーカスカズンズとの契約も控えており、仮にマックス契約する場合、ブラッドリーには5.3mのmid-level exceptionしか提示できない。
ブラッドリーは今夏、長期間の大型契約を望んでいるが、契約できるのはシクサーズ、レイカーズ、ジャズぐらいと少ない。7月1日のFA契約解禁日から契約締結が遅くなればなるほど、mid-level exceptionでタイトルコンテンダーのチームと契約する可能性は高くなるだろう。







-移籍・トレード

         

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018年フリーエージェントまとめ(PG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

クリッパーズがサージ・イバカを獲得し、ハレルの損失を埋め合わせ

FA市場解禁2日目、クリッパーズはラプターズから無制限FAになっていたサージイバカを2年19milionで獲得しました。MLE枠なので当たり前ですが、昨日レイカーズに移籍したモントレズハレルと同じ契約 …

no image

グリフィン、ピストンズでのデビュー戦勝利

トレードでピストンズに移籍したブレイクグリフィンのデビュー戦が現地2月1日、ピストンズのホーム、リトルシーザーズアリーナで行われた。 ▼グリフィンの入場シーン Detroit welcomes Bla …

no image

2018年フリーエージェントまとめ(SG編)

HoopsHypeが2018年のフリーエージェントのポジション別のランキングを掲載しているので紹介します。 スポンサーリンク 意味)UFA:unrestricted FA 、RFA:restricte …

no image

ブレイクグリフィンがピストンズにトレード移籍

日本時間の今日午前8時ごろグリフィンがピストンにトレード移籍するというビッグニュースが流れた。 トレードの内容は以下の通り LAC:トバイアスハリス、エイブリーブラッドリー、ボバンマリヤノビッチ、1s …